一人起業の成功パターン!成功例からわかる1人起業成功の秘訣とは?

1人起業の成功パターン!成功例からわかる起業成功の秘訣とは?

 

「一人起業はどうすれば成功できる?起業成功のパターンや秘訣があれば知りたい!」

 

会社員ではなく、一人で起業して成功したいと考える人は多いのではないでしょうか。

ですが、ノウハウを何も知らないで始めると、成功するかどうかわからないので不安になりますよね。

 

  • 一人起業の成功パターンはあるの?
  • 成功例を見て真似したい
  • 一人起業で成功する秘訣を知りたい

など、事前に情報を得てできるだけ準備をした上で起業すると、大失敗を防げるので安心でしょう。

 

そこで今回は、一人起業の成功パターンや成功例を紹介します。

一人起業で成功する秘訣についても解説するので、さっそく見ていきましょう!

 

一人起業の成功パターン!1人起業で成功するための4つのステップとは?

一人起業の成功パターン!成功例からわかる1人起業成功の秘訣とは?

 

一人起業を成功させるにはパターンがあり、きちんと段階を踏む必要があります。

一般的で誰でも知っていることのように思えますが、基本に忠実になることが成功への近道なんです。

 

ここでは、一人起業で成功するための4つのステップを紹介します。

一人で起業した人の多くがこの4つのステップをきちんと実践して成功しているので、ぜひ参考にしてください!

 

なぜ一人起業したいのか?1人起業で達成したい明確な目的を決める!

 

一人起業の成功パターンの1つ目は「一人起業の目的を決めること」です。

目標を明確にすることで、どういう未来にしたいのかがイメージしやすくなるので行動を起こしやすくなります。

 

たとえば以下のように「何を目標にして起業するのか」を決めましょう。

 

  • 収入を増やすこと
  • 資格取得など、起業する分野を極めること
  • 起業する分野を通して社会に貢献すること

 

このように目標を定めれば、起業に迷うことがなくなりますよね。

複数人で会社を始めるのとは違い、一人起業は何でも自分で決断しなければならないため、心が折れやすくなります。

 

不安になったら、最初に立てた目標を思い出してモチベーションを維持しましょう。

特に壁にぶち当たったときに、「自分の行動は正しいのか」などと思いがちなので、目標はできるだけ具体的にして成功した自分をイメージしやすくしてください。

 

一人でできる起業アイデアを考える!起業の成功事例をたくさん調べる

 

起業の成功事例がTwitterにあるので見ていきましょう。

 

 

一人で起業するといえども、起業までの過程や起業した後に成功者からアドバイスを受けている人がたくさんいますね。

上記を参考にしつつ、一人でできる起業アイデアをまずは自分で考えます。

 

いろんなアイデアを出した後に友人や起業している知り合いなどに意見を求めると、さらに良いアイデアが生まれるかもしれません。

一人起業して失敗する原因の多くは、アイデアが少なすぎることにあります。

 

1つしか出していないアイデアに需要がなければ成功はあり得ないので、その事業は失敗に終わってしまう可能性が高くなるんです。

やりたくないことで起業する必要はないので、少しでも興味のある業種や一人起業でもやれそうな分野をたくさん考えてください。

 

たとえば以下のようなジャンルは、一人起業をしやすいです。

 

  • ペット関連のビジネス
  • コーチや先生など、何かを教えるビジネス
  • セラピストやカウンセラーなど、人の悩みを解決するビジネス

 

上記を参考にしつつ、たくさんのアイデアを出してみてはいかがでしょうか。

Twitterに、アイデアの出し方をつぶやいている人がいます。

 

 

本当にできるかできないかはアイデアを出した後に考えるので、まずはたくさん書き出すことが重要です。

 

良いアイデアが浮かんだら計画を立てる!まずは小さく始めてみる

 

たくさんアイデアを出したら、今度は起業するための計画を立てます。

一人で起業するため、最初はできるだけ小さく始められるように計画を立てるのがポイントです。

 

以下の点に注目して、小さく始めるにはどうすればいいかを考えてみましょう。

 

  • 家賃
  • 広告費
  • 設備投資
  • 人件費

 

これらは必要最低限の利用または安いものを選んで始められるように、リサーチしなければなりません。 

起業するにあたって「最低限揃えたらスタートできそうなもの」を厳選しましょう。

 

最初は自宅でスタートできないのか、広告費はSNSを使えないのか、移動時間をできるだけ短くできないのか、などです。 

あとは自分の人脈を使って、開業したという情報を拡散してもらってもいいのではないでしょうか。

 

ちなみにお試しでやってみるなら副業で始めるのもおすすめです。

 

試しにやったら上手くいった!本格的に1人起業してみる

 

小さく始めてうまくいったら、本格的に一人起業をしてみましょう。

仕事が軌道に乗ってくると利益もでてくるので、そのまま本腰を入れてしっかり事業に打ち込んでください。

 

場合によっては本格的に始めるための準備が必要です。

 

  • 資格取得をする
  • 市場調査をする
  • 協力者を確保する
  • 場所を借りる
  • 資金調達する

 

上記に挙げたことが必要になる可能性がでてくるので、本格的に始める前に十分な準備をしてリスクを回避しましょう。

目先のことだけでなく、長期的な計画を立てることが大事なんです。

 

また、一人起業といえども協力者は必要なので、何かあったときにアドバイスをくれる人だったり、口コミで事業を宣伝してくれる人だったりを集めておきましょう。

Twitterで以下のようにつぶやいている人がいます。

 

 

先に起業をしている知り合いがいれば心強いですね。

 

1人起業成功パターンの共通点!成功するビジネスモデルの要素とは?

一人起業の成功パターン!成功例からわかる1人起業成功の秘訣とは?

 

一人起業の成功パターンには共通点があります。

成功するビジネスモデルの要素を把握し、ビジネスに取り入れることで成功する確率がグンと上がるんです。

 

起業は会社員と違い、失敗しても誰も守ってくれません。

だからこそここで解説する4つの成功パターンを実践して、失敗したときのリスクを少なくしていきましょう。

 

1人起業成功パターンの要素①小資本で始められる

 

小資本で始めると、大きく失敗するリスクを避けられます。

最初は小さく始めてだんだん大きくしていくと、リスクを小さくできるしうまくいきやすいんです。

 

一人起業を目指す人がみんな資金面に余裕があるとは限りません。

起業をするときにいきなり多額の投資をするのではなく、数万円から数十万円でビジネスを始めるのがかしこい選択だといえます。

 

1人起業成功パターンの要素②在庫がない(あるいは少ない)

 

在庫を抱えずにすむビジネスは経費を抑えることにつながるため、成功しやすいです。

在庫を持つということは、商品を仕入れるための資金と在庫しておく場所が必要になるため、売れないときのリスクが高くなります。

 

また、販売できたとしても次の商品を再度仕入れなければなりません。

手元のお金を増やしていくためにも、在庫を抱えずにできるビジネスを選ぶことが重要です。

 

1人起業成功パターンの要素③利益率が高い

 

できるだけ1つの商品やサービスの利益率を高く設定しましょう。

利益率の低い商品やサービスを売る場合、利益を得るためにたくさん商品を売るいわゆる「薄利多売」を実践しなければなりません。

 

でも、必ずしも順調に売上があがるとは限りませんよね。

大量の在庫を抱えたり、サービスの注文が入らなかったりしていたら、たちまちビジネスは行き詰まってしまいます。

 

そうならないために、経費をできるだけおさえて利益率が高くなるようにしてください。

 

1人起業成功パターンの要素④毎月の定期収入が確保できる

 

毎月安定した収入を確保できるビジネスを始めれば、「今月は収入がないかも」という不安がなくなります。

なので、ビジネスを始める前に安定収入があるかどうかを見極めてください。

 

たとえば、教育系(塾・英会話スクールなど)や定期契約系(オンラインサロン・定期購読など)のビジネスができないかを考えてみましょう。

特技を活かして定期収入を得られるビジネスでの成功を目指したいですね。

 

1人起業の成功パターン!一人起業でも成功するビジネスモデルとは?

一人起業の成功パターン!成功例からわかる1人起業成功の秘訣とは?

 

一人起業で成功しやすいといわれているビジネスモデルを取り入れると、ただやみくもにやりたいことを始めるよりも成功率が高くなります。

やりたいビジネスがあるなら、成功するビジネスモデルとうまく組み合わせられないかを考えてみましょう。

 

ここでは一人起業でも成功するビジネスモデルを3つ紹介します。

 

1人起業のビジネスモデル①物販事業

 

物販は「商品を安く仕入れて高く売る」というシンプルな仕組みなので、一人で起業しやすいでしょう。

なかでも、オンラインでの物販を選べば、在宅でできるので経費削減できます。

 

たとえばフリマサイトのメルカリやヤフオクなどで不用品販売から始められるので、お試しで開業するのもいいのではないでしょうか。

その後、市場調査をしながら商品の選定や拡大を進めていくことをおすすめします。

 

1人起業のビジネスモデル②コンサルタント業

 

コンサルタント業もいろいろあり、経営コンサルタントや営業コンサルタント、マーケティングコンサルタントなど多岐にわたります。

たとえば以下のようなものがあるので参考にしてください。

 

  • 税理士
  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • ファイナンシャルプランナー

 

難易度の高い国家資格が必要な職種も含まれていますが、資格があればぜひ活かしたいところですね。

コンサルタント業は継続的に依頼を受ける職種が多いので、収入が安定しやすいでしょう。

 

1人起業のビジネスモデル③ブログ、アフィリエイト業

 

アフィリエイトは、自分で立ち上げたブログに企業の広告を貼り付け、読者がその広告を経由して商品やサービスを購入したら報酬を得られる仕組みです。

パソコンがあれば、時間や場所を問わず作業できます。

 

ほとんど資金がいらずに始められるのでリスクが低い反面、報酬を得るまでに時間がかかったりライティングのコツが必要だったりします。

ほかに取り組む事業と組み合わせて活用するのが理想だといえるでしょう。

 

まとめ

一人起業の成功パターン!成功例からわかる1人起業成功の秘訣とは?

 

一人起業の成功パターンや成功例を紹介しました。

一人起業をして成功するためには、段階を踏んだりうまくいきやすいビジネスモデルを取り入れたりする必要があります。

 

Twitterの声なども参考にしつつ、しっかり準備を進めてください。

一人起業といっても何もかもを一人でしないといけないわけではないので、困ったら周りからアドバイスをもらいましょう。

 

今回紹介したことを実践して、できるだけリスクを減らしながら一人起業への一歩を踏み出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。