仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

「仕事がなかなか続かない人はどんな仕事が向いてるんだろう?仕事が続かない人の特徴や対処法があれば知りたい!」

 

働く意欲はあるのに続かない人は、どんな仕事だったら自分に向いてるのかが分からないのではないでしょうか。

できることなら長く続く仕事を見つけて、生活を安定させたいですよね。

 

  • 仕事が続かない人はどんな仕事が向いてるの?
  • 仕事が続かない人の特徴とは?
  • 仕事が続かない人はどうやって続く仕事を見つければいいの?

など、仕事が続かない人について知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『仕事が続かない人が続く仕事』や『仕事が続かない人の特徴』についてお話していきます。

長く続く仕事を見つけるための対処法についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください!

 

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人に向いてる仕事はコレ!

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

仕事が続かない人は、自分に合ってないものを選んでいる可能性が高いです。

自分の性格をよく理解した上で、「とにかく仕事を長く続ける」ことに重きを置くと、以下のような基準で仕事選びができるでしょう。

 

  • 離職率が低い仕事を選ぶ
  • 1人でもくもくと取り組む仕事を選ぶ
  • 単純作業がメインの仕事を選ぶ
  • 個人事業主として働ける仕事を選ぶ

 

ここでは、上記についてそれぞれ詳しくお話していきます。

どういった業務や業種だったら自分に向いているのかをじっくり考え、次の仕事選びの参考にしてみてください!

 

飲食・宿泊系などの「離職率の高い仕事」を避けるのも一つの手!

 

慢性的に離職率が高い飲食や宿泊系の仕事を避けるのも一つの手です。

これらの離職率が高い理由としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 給料が低い
  • 長時間労働
  • 休みが取りづらい

 

上記は働く意欲を低下させるだけでなく、心身ともに疲労がたまりやすいため離職率が高くなりがちなんです。

仕事を一生懸命がんばっても給与に反映されないと、働く意味がないと感じる人もいるはず。

 

また、1日の労働時間が長すぎたり、人手不足などにより休みが取りづらい環境だったりすると、知らず知らずのうちに体を壊すこともあります。

それでなくても仕事が続かない人は、飲食や宿泊系の仕事は避けるべきでしょう!

 

警備員や清掃などの「人とのコミュニケーション」が要らない仕事!

 

警備員や清掃などの仕事は1人で業務にあたることが多いため、「人とのコミュニケーション」を必要とせず続けやすいです。

就業のハードルも低いため、「とにかく人と関わらずに働きたい」という人に適しています。

 

ただし警備員は長時間立ち続けなければならないし、清掃は重い道具を運ぶこともあるため、両方とも体力が必要になってくるでしょう。

そこがクリアできれば、人ともあまり関わらなくて済むので自分のペースで働けるはずです。

 

仕事内容を覚えてしまえば難しいことはなく、黙々と取り組めるところを魅力に感じる人もたくさんいます。

警備員や清掃の仕事の中でも『1人作業』がメインになっている職場を選んでみるといいでしょう!

 

データ入力、事務などの「ルーチンワーク」がメインになる仕事!

 

データ入力や事務などの「ルーチンワーク」がメインになる仕事も、長く続けやすいでしょう。

事務職は基本的に仕事を覚えてしまえば毎日同じことの繰り返しのため、業務に対してかかる時間を把握しやすいです。

 

つまり、タスク配分ができるので、自分のペースで働けるところが強みだといえます。

周りに合わせたり締切に追われたりすることがなければ、仕事が続かない人でも続けやすいのではないでしょうか。

 

また、ルーチンワークをマニュアル通りにおこなえば、安定した成果を出せます。

毎日同じクオリティで業務をこなしているとモチベーションも維持しやすいので、長く仕事を続けられるはずです!

 

ライターや動画編集などの「時間と場所」を気にしなくていい仕事!

 

ライターや動画編集などは、パソコンとネット環境があれば「時間と場所」を選ばずに仕事ができるため、続けやすいです。

好きな時に好きな場所で仕事ができて、人とほとんど関わる必要もありません。

 

仕事が続かない原因とされる「通勤ラッシュ」や「会社に出勤」などのストレスがないところが魅力でもあります。

ライターや動画編集は、黙々とパソコンに向かって作業するのが苦にならなければ、年齢性別問わず、初心者でも始められるんです。

 

ただしライターや動画編集者は、それ相応のスキルが必須になってきます。

スキルを身につけて「時間と場所」を気にせず稼げるようになれば、仕事を長く続けられる可能性があるでしょう!

 

仕事が続かない人が続く仕事を探す前に!仕事が続かない人の特徴とは?

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

仕事が続かない人には、特徴があります。

仕事が続かなくて悩んでいる人は、新しい仕事を探す前にその特徴を知ると、不本意な転職を繰り返さずに済むでしょう。

 

そういうわけでここからは、『仕事が続かない人の3つの特徴』についてご紹介していきます!

 

仕事が続かない人の特徴①:人間関係が苦手で職場に馴染めない

 

仕事が続かない人の特徴1つ目は、『人間関係が苦手で職場に馴染めない』です。

人間関係が苦手で職場に馴染めない人は、人とのコミュニケーションがストレスになって仕事が続かない傾向にあります。

 

他人に言いたいことを言えなかったり、反対に思ったことを口に出しすぎて衝突したりする性格だと、職場で孤立しやすいんです。

仕事をする上で円滑なコミュニケーションが取れないと、不要なストレスを抱えるんですね。

 

また、上司や先輩に注意されたり怒られたりすることに過敏に反応し、それが原因で仕事のパフォーマンスが下がる人もいます。

とくにチームワークが大事な職場は、続けるのが難しいでしょう!

 

仕事が続かない人の特徴②:メンタルが弱い、ストレス耐性が低い

 

仕事が続かない人の特徴2つ目は、『メンタルが弱い、ストレス耐性が低い』です。

メンタルが弱い人は仕事でイヤなことがあったり、責任のある仕事を任されたりすると、そのストレスやプレッシャーに勝てません。

 

なので、ちょっとした出来事で挫折してしまい、仕事を辞めてしまうんですね。

そうやって『辞め癖』がついてしまうと、どんどんストレス耐性がなくなって負のスパイラルから抜け出せなくなります。

 

仕事をするにあたって、ある程度メンタルが強くないと続けられません。

会社組織では自分の思った通りにならないことが多く、人間関係が複雑なことも多いからです。

 

なので、メンタルが弱い人やストレスに打ち勝てない人が一つの仕事を続けるのは、至難の業と言ってもいいでしょう!

 

仕事が続かない人の特徴③:やりがいがなく仕事を楽しめていない

 

仕事が続かない人の特徴3つ目は、『やりがいがなく仕事を楽しめていない』です。

仕事にやりがいを感じられなくて、楽しめなかったら辞めたくなりますよね。

 

このような人は成功体験が少なく、仕事で成果を出したり認められたりといった経験がないことがほとんどでしょう。

なので、仕事をする楽しみや喜びを実感できないんですね。

 

また、仕事にやりがいを感じられない人は、自分に自信がない傾向です。

「どうせできないだろう」とか「失敗したくない」と考えて、積極的に仕事に取り組まない結果、やりがいを感じることができません。

 

何事にも興味を持って積極的に取り組むと、やりがいが生まれてくるものですが、そこまでには至らないんです!

 

仕事が続かない人が続く仕事を見つけるには?続かないのは甘えじゃない!

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

仕事が続かない人にとって、『辞め癖』のようなものがついているのが悩みの種になっていることがありますよね。

「メンタルの弱さなどが原因に違いない」と、自分を責めてしまいがちです。

 

ですが、自分に合ってない仕事を選んでいるだけで、決して甘えているから続かないわけではありません。

ここからは、『仕事が続かない人が続く仕事を見つけるにはどうすればいいか』についてお伝えしていくので、ぜひ参考にしてください!

 

興味のある仕事に一通りチャレンジ!向いてる仕事が見つかるかも?

 

続く仕事を見つける方法の一つに、『興味があること』を基準にして、一通りチャレンジしてみるやり方があります。

どうせ仕事をするなら、興味があることや好きなことを選んだら続けやすいですよね。

 

なので、まずはどんなことに興味があるかを考えてみましょう。

過去を振り返り、自分が夢中になって取り組んだことや楽しかったことは何だったのかを思い出してみてください。

 

また、今現在楽しめることや好きなことなども仕事につながるかもしれません。

「楽しい」「好き」だと素直に感じられることは、やりがいを持って取り組める可能性が高いので、続けやすいはずです。

 

興味がある仕事をリストアップしたら、どんどんチャレンジして向いている仕事を見つけましょう!

 

求人情報やネットの口コミを参考にしすぎないこと!

 

仕事を選ぶ時、求人情報やネットの口コミを見て応募するかを決めることがありますよね。

参考程度に見るのは構いませんが、とくに良い内容の情報を鵜呑みにするのは危険なのでやめましょう。

 

ネットの口コミは体験者がありのままを書いている場合が多いですが、ハローワークなどの求人票には基本的に悪いことは書かれていません。

入社後に、業務内容や待遇が違っていることがマレにあるんです。

 

「求人票に書かれている内容と違う!」となり辞めることになったら、また一から就職活動をしなければなりません。

その時間や労力が無駄になるので、入社前に問い合わせたり面接で聞きたいことを確認したりして、納得がいく方法を取りましょう!

 

転職エージェントに登録して自分に合った仕事を紹介してもらう!

 

興味がある仕事があっても、自力で見つけるのがむずかしいと感じる人もいるでしょう。

そんな人は、『転職エージェント』に登録して、自分に合った仕事を紹介してもらうことをおすすめします。

 

転職エージェントは、プロのカウンセラーに希望条件や要望を伝えることで、定期的に求人情報を送ってくれるシステムです。

さらに、面接の日程調整や給与の交渉なども代行してくれます。

 

転職に関する相談から求人紹介まですべて無料でおこなってくれるため、気軽に利用しやすいのではないでしょうか。

転職エージェントは、求職者にとってはメリットが大きいのでぜひ活用してみてください!

 

まとめ

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

今回は、『仕事が続かない人が続く仕事』や『仕事が続かない人の特徴』についてお話してきました。

仕事が続かない人には特徴があることをお伝えしましたが、そういった性格が悪いわけではありません。

 

特徴をきちんと理解した上で、自分に合う仕事を探せばいいんです。

今回ご紹介した『仕事が続かない人に向いてる仕事』や『続く仕事の見つけ方』などを参考にして、どんどん新しい仕事にチャレンジしていきましょう。

 

積極的に行動していくなかで、いつか自分に合う仕事が見つかるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。