ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

 

「ホワイトハッカーに興味があるけど、目指すのって難しいのかな? 年収や向いている人についても知りたい! 」

 

IT技術のスペシャリストである「ホワイトハッカー」。

ホワイトハッカーという存在を知って興味が湧き、どうやったらなれるのかについて知りたいという人も多いでしょう。

 

  • ホワイトハッカーとはどんな職業なのか?
  • ホワイトハッカーになる難易度は?
  • ホワイトハッカーになるにはどうすればいいのか?

など、ホワイトハッカーについて知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『ホワイトハッカーになるのは難しいのか』について詳しくお話していきます。

ホワイトハッカーに向いている人についてもご紹介するので、参考にしてみてください!

 

ホワイトハッカーになるのは難しい?年収、必要な学歴や大学をご紹介!

ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

 

年々注目度が高まりつつあるIT系の職業「ホワイトハッカー」。

ですが、具体的にどんな仕事をしているのか、いくらぐらい稼げるのかなどについては知らないという人も多いでしょう。

 

また、ホワイトハッカーになるために必要な学歴や大学についても気になるところ。

というわけでここでは、ホワイトハッカーになるために必要な条件を交えつつ、就職の難易度についてご紹介していきます!

 

ホワイトハッカーとは?仕事内容や気になる年収をご紹介!

 

「ハッカー」と聞くと、なんだか悪事を働くイメージがありますよね。

ですが、「ホワイトハッカー」とは、ハッキングの高度な知識・スキルを持ち、それを世の中のために使う人のことです。

 

いわゆるハッカーはブラックハッカーと呼ばれ、ホワイトハッカーと区別されています。

ホワイトハッカーの一般的な仕事内容としては、たとえば以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

  • サイバー攻撃への対応
  • セキュリティ対策の提案
  • 情報漏洩や不正行為の有無のチェック
  • セキュリティ関連のシステム開発
  • 警察のサイバー捜査への協力

 

このように、ホワイトハッカーは国や企業のセキュリティ対策において、なくてはならない存在となっています。

責任が重い仕事ですが、それに見合った収入がもらえる傾向があるのが特徴的です。

 

たとえば、年収1,000万円以上のホワイトハッカーも珍しくなく、場合によっては年収数千万円を実現できるといわれています。

したがって、収入重視で仕事を選びたい人にはおすすめの職業といえるでしょう!

 

ホワイトハッカーになるために必要な学歴は?高卒でもなれる!

 

結論からいうと、ホワイトハッカーになるために学歴は必要ありません。

極端な話をすれば、たとえ高卒であっても目指せるので、最終学歴を理由に就職を諦める必要はないんですね。

 

ただし、学歴は不要でも、ホワイトハッカーの業務に関する最低限の知識は必須です。

具体的には、プログラミングやインターネット、セキュリティなどについて深く理解していなければなりません。

 

そもそもまったく知識がない場合、実際の仕事に取り組むときも苦労してしまうはず。

もしホワイトハッカーを目指したいと思っているなら、早めに関連分野の勉強を開始するのがおすすめです!

 

ホワイトハッカーになるのは難しい!学歴よりも実力重視の世界?

 

結局のところ、ホワイトハッカーになる難易度は高いのでしょうか?

結論、学歴よりも実力が採用に影響する世界なので、ホワイトハッカーになるのは難しいといえるでしょう。

 

たとえば、ホワイトハッカーは専門性が高い職業です。

セキュリティ対策やプログラミングなど高度なITスキル・知識が求められるので、これらを備えている必要があるんですね。

 

すなわち、圧倒的な実績や、IT業界での実務経験がある人が採用されやすいということ。

これらのことから、よほど特殊な経歴・資格を持っていない限り、新卒や未経験者がホワイトハッカーになるのは難しいといえます。

 

なりたいからといって簡単になれる職業ではないことは理解しておくと良いでしょう!

 

ホワイトハッカーになるのは難しい!向いている人の特徴や適性とは?

ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

 

高度なITスキルが必要なので、ホワイトハッカーになるのは難しいといわれています。

とはいえ、ホワイトハッカーに向いている特徴に該当するなら、諦めずに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

そう聞くと、どんな人がホワイトハッカーで活躍できるのか気になりますよね。

そういうわけでここでは、ホワイトハッカーに向いている人の特徴や適正についてご紹介していきます!

 

論理的思考力に長けていたり、論理的に考える習慣がある人!

 

ホワイトハッカーに向いている人としては、論理的思考力に長けている人や、論理的に考える習慣がある人が挙げられます。

なぜなら、IT技術を使いこなすには、論理的思考力が必須だから。

 

たとえば、ホワイトハッカーの業務では、プログラミングの知識を使ったり実際にプログラムを作ったりする機会は多いでしょう。

そして、プログラムは各言語のロジックにもとづいて動作するもの。

 

つまり、論理的に考える力がないとプログラムを扱えないので、トラブル対応や開発業務が行えないんですね。

また、論理的思考力があると、サイバー攻撃やウイルスの対策を練るのにも役立つはず。

 

ホワイトハッカーになるには必須ともいえる能力なので、論理的に考えられる人は向いているといえるでしょう!

 

コミュニケーション能力が高く、基本的な意思疎通に問題ない人!

 

ホワイトハッカーには、コミュニケーション能力が高く、基本的な意思疎通に問題ない人が適しています。

なぜなら、ホワイトハッカーは社内外のさまざまな人とやり取りする職業だから。

 

逆に言うと、圧倒的な実力を持っていても、スムーズにコミュニケーションが取れない人は向いていないんですね。

たとえば、仕事を進めるうえで、依頼主である組織・企業とのやり取りは必ず生じます。

 

その場合、相手はコンピュータやセキュリティの専門家ではなく、専門用語や業界の常識が分からないケースもありますよね。

だからこそ、わかりやすく要件を伝えるといった基本的な対話能力が重要といえます。

 

このように、ホワイトハッカーはIT技術に特化した専門職とはいえ、コミュニケーション能力を活かせるチャンスが多いんです!

 

IT関連の高いスキルと知識がある、常に向上心を持っている人!

 

ホワイトハッカーはセキュリティの専門家なので、IT関連の高いスキルと知識がある人は向いているといえます。

なぜなら、就職時にも実際に働くときにも、高度なITスキル・知識が求められるから。

 

とくにプログラミングやセキュリティ技術は業務に直結する分野なので、これらについて詳しい人にはぴったりです。

また、ホワイトハッカーになると、最新情報をチェックし続けなければなりません。

 

サイバー攻撃の手口やコンピューターウイルスの種類など、ネット上の脅威は年々流行が変化していきますからね。

なので、常に向上心を持っている人も、ホワイトハッカーの適性があるといえるでしょう。

 

このように、高度なITスキル・知識を持っており、それをアップデートしていける人は、ホワイトハッカーの適性が高いです!

 

ホワイトハッカーになるには強い正義感とモラルが必要?

 

ホワイトハッカーになるには、強い正義感が必要といえるでしょう。

ブラックハッカーの攻撃からシステムや機器を守るために雇われるので、こうした業務にやりがいを感じる人が向いているんですね。

 

社会貢献をしたいという熱い思いがあるなら、目指してみるのもおすすめです。

また、ホワイトハッカーは、違法行為を平気で行うブラックハッカーとは違います。

 

したがって、正しい法律知識にもとづき、犯罪にならないように配慮しながら業務をこなす必要があるんですね。

ですから、モラルが欠けていて法律順守の意識が甘い人は、活躍するのは難しいでしょう。

 

このように、ホワイトハッカーになるためには、正義感とモラルを兼ね備えていなければならないんですね!

 

ホワイトハッカーになるには?独学は難しい?学習に必要なものを解説!

ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

 

ホワイトハッカーになるためには、IT関連分野の深い知識・スキルが必須です。

なので、勉強やスキルアップにしっかり力を入れないと、ホワイトハッカーとして就職するのは難しいでしょう。

 

とはいえ、これから勉強を始める初心者は、何から手をつけていいかわからないですよね。

そういうわけでここからは、ホワイトハッカーを目指すための学習に必要なものについて取り上げていきます!

 

プログラミング学習は必須!独学するのにおすすめの言語とは?

 

ホワイトハッカーになるには、プログラミング学習が必須といえるでしょう。

なぜなら、ホワイトハッカーはプログラミングの専門家として採用されるので、まったく知識のない状態だと業務がこなせないから。

 

だから、実際に働く前に、最低限のプログラミング知識を身につけなければなりません。

たとえば、以下のようなプログラミング言語を学んでおくと、ホワイトハッカーの業務に役立つといわれています。

 

  • Python
  • C言語(C、C++)
  • XHTML
  • Java
  • PHP
  • SQL
  • DNS

 

おすすめなのは汎用性の高いC言語やXHTMLですが、これらは習得するのが比較的難しいといわれています。

なので、完全初心者の場合、独学で勉強を進めると挫折する可能性もあるはず。

 

ですから、もし独学で勉強したいなら、難易度の低い別言語を選択するのもおすすめです。

たとえば、『Progate』をはじめ無料学習サイトが充実しているPythonは、独学するのに向いているといえるでしょう!

 

セキュリティに関する勉強!オンラインレッスンもある?

 

ホワイトハッカーはサイバー攻撃やウイルスなどへの対応を行う職業です。

したがって、ホワイトハッカーを目指したいなら、プログラミングだけでなくセキュリティに関する勉強も欠かせません。

 

セキュリティについて学びたい場合、たとえば以下のような選択肢があるでしょう。

 

  • 専門学校
  • IT系スクール
  • 大学(学部、社会人コース)
  • 独学

 

独学ではなく人に教えてもらいたい場合、専門学校やIT系スクール、大学に通うのが効率的でしょう。

とはいえ、社会人として働きながら勉強する場合、学校に通学するのは難しいですよね。

 

ですが、ソフトバンクグループが運営するサイバー大学をはじめ、通信制コースやオンラインレッスンが利用できるところもあります。

忙しい人はこうしたサービスを利用して、無理なく勉強を進めてみてください!

 

転職や中途なら基礎的な知識を習得しつつ、現場経験を積むべし

 

ホワイトハッカーは新卒で就くのが難しい職業なので、転職や中途で目指す計画を立てている人もいるでしょう。

そんな人は、IT会社に就職して基礎的な知識を習得しつつ、現場経験を積むべきです。

 

なぜなら、ホワイトハッカーになったり業務をこなしたりするためには、IT関連分野についての幅広い知識やスキルが必要だから。

たとえば、ホワイトハッカーに求められる知識としては、以下のものが挙げられます。

 

  • ネットワーク
  • サーバー
  • データベース
  • 法律
  • プログラミング
  • セキュリティ

 

これらの知識を効率的に習得するには、実際の業務でさまざまなプロジェクトに参加するのが一番といえます。

また、実務経験があれば、採用試験のときに自分の能力をアピールしやすくなるはず。

 

このように、ホワイトハッカーになる夢を実現するためには、現場で下積みを重ねるのが近道といえるでしょう!

 

まとめ

ホワイトハッカーを目指すのは難しい?年収、向いている人をご紹介!

 

今回は、注目の職業「ホワイトハッカー」になるのは難しいのかについて、詳しくお話ししました。

ホワイトハッカーとは、高度なハッキング技術を世のために使う人のこと。

 

たとえば、サイバー攻撃への対応やセキュリティ対策の推進など重要な業務を担うため、高度なスキル・知識が求められるんです。

高収入なのは魅力的ですが、ホワイトハッカーを目指すのは難しいといえるでしょう。

 

また、ホワイトハッカーになるにはスキルだけでなく、自分に適性があるかどうかも重要なポイントです。

今回はホワイトハッカーに向いている人をご紹介したので、ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。