仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

「仕事向いてないサインってどんなものがある?仕事に向いてないのは1年目でわかるって本当なのかな」

 

一般的に仕事は1年目では適性がわからず、最低3年は続けたほうがいいとされています。

ですが、中には「仕事向いてないのは1年目でわかる」という意見もあるので、どちらにしたがうべきか迷いますよね。

 

  • 仕事の見切りは1年目でなく3年目なのか?
  • 向いてない仕事を続けるとどうなってしまうのか?
  • 仕事向いてないかどうかはどこで判断すればいいのか?

など、このまま仕事を続けていいのか判断するために知りたいことも多いはず。

 

そこで今回は、『仕事向いてないのは1年目でわかるのか』『向いてないと判断できるサイン』についてお話ししていきます。

向いてる仕事の見つけ方についてもご紹介するので、こちらも参考にしてみてください!

 

目次

仕事向いてないサインは1年目でわかる?向いてないと判断する方法!

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

では、仕事が向いてないサインとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

結論から言うと、1年目でわかる仕事向いてないサインとは以下です。

 

  • 仕事にやりがいを感じない
  • 先輩や上司に憧れることがない
  • ストレスで体に異変が出た
  • 自分の成長を実感できない
  • 諦めの感情がある

 

ということで、それぞれのサインを詳しくみていきましょう!

 

1年目でわかる仕事が向いてないサイン①:仕事にやりがいを感じない

 

1年目でわかる仕事が向いてないサインとして一つ目にご紹介するのは、「仕事にやりがいを感じるか? 」です。

なぜなら、仕事へのやりがいは、働くモチベーションに大きく影響するから。

 

たとえば、現職にやりがいを感じている場合、仕事やそれにともなって起こる出来事をプラスにとらえやすくなります。

なので、多少嫌なことがあってもストレスを感じにくく、快適に働けるんですね。

 

一方、仕事にやりがいがない状態で働き続けると、ささいなことでも強いストレスを感じてしまう可能性が高いでしょう。

だからこそ、現職のやりがいに注目すれば、仕事向いてないのか判断できるんです。

 

他にも、以下の記事では組織で働くのに向かない人診断をご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

会社員向いてない人診断!組織に向かない人はどうすればいい?

 

1年目でわかる仕事が向いてないサイン②:先輩や上司に憧れることがない

 

「先輩や上司に憧れるか? 」という点も、1年目でわかる仕事向いてないサインとして挙げられるでしょう。

具体的にいうと、憧れの先輩・上司が1人もいないなら、向いてない可能性が高いです。

 

仮にあなたが同じ職場で働き続けたとすると、将来的に先輩や上司と同じようなポジション・業務を任されると考えられます。

すなわち、彼らの姿は、現職を辞めない場合の未来の自分の姿ということ。

 

なので、先輩や上司を好きになれない・尊敬できないなら、その会社にいるのは自分にとってマイナスが大きいんですね。

また、憧れの先輩や上司がいないと、そもそも働くモチベーションが上がりにくいはず。

 

このように、職場の先輩や上司について振り返ってみると、仕事向いてないかどうかがわかりやすいでしょう!

 

1年目でわかる仕事が向いてないサイン③:ストレスで体に異変が出た

 

1年目でわかる仕事が向いてないサインの3つ目は、「ストレスで体に異変が出たか? 」という点です。

もし何らかの異変があれば、今の仕事に向いてないと考えて良いでしょう。

 

たとえば、以下のような症状が見られる人は、今の仕事に向いてないことでストレスがかかっている可能性があります。

 

  • いくら寝ても疲れが残る
  • 起きられなかったり体調不良になったりして頻繁に遅刻してしまう
  • 肩こり・腰痛が慢性的にある
  • 頭痛や立ちくらみに悩まされている

 

上記のケースをはじめとする体の異変を放置してしまうと、最悪の場合は体を壊したり、うつ病になったりしかねません。

なので、もしこのような症状が続いているなら、早いうちに退職を検討してみてください!

 

1年目でわかる仕事が向いてないサイン④:自分の成長を実感できない

 

「自分の成長を実感できるか? 」という点も、1年目でわかる仕事が向いてないサインの一つです。

なぜなら、自分自身の成長は、仕事のモチベーションを保つために重要な要素だから。

 

もし頑張って働いてもまったくスキルアップできない場合、次第にやりがいがなくなったり仕事の質が下がったりしがちです。

そのうえ、自分以外の人が成長しているなら、自己肯定感が下がるきっかけにもなるはず。

 

こうした状態で働き続けると、今は問題なくても次第にモチベーションが低下してしまうでしょう。

このように、自分の成長を実感できるかどうかは、長く働くうえで大切なことなんです。

 

1年目でわかる仕事が向いてないサイン⑤:諦めの感情がある

 

あなたが自分の上司や先輩から「この仕事向いてないよ」と言われた場面を想像してみてください。

 

そう、自分自身で向いてないと考えるよりも、「人から向いてない」と言われた時の気持ちの動きに注目するんです。

なぜなら、その方がより素直な気持ちが湧いてくるから。

 

なので、「今に見てろよ!」と反抗心が湧いてきたら、それは仕事に対する向上心を持っているということです。

それは言い換えると、今の仕事を続けたいという気持ちを持っていう証拠でもあります。

 

逆に、「やっぱり向いてないんだなあ」と素直に受け入れた場合、心のどこかで「辞める理由」を探しているのかもしれませんよ。

 

さらに、以下の記事では「仕事の辞めどきがわかる10のサイン」についてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

仕事をやめなさいのスピリチュアルサイン?辞めどきがわかる10サイン!

 

さらに、以下の記事では「仕事の辞めどきがわかる10のサイン」についてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

仕事をやめなさいのスピリチュアルサイン?辞めどきがわかる10サイン!

 

仕事の見切りは1年目でなく3年目?向いてない仕事を続けた結果…!

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

世間一般では、「仕事の見切りをつけるのは3年目」という意見が多いと思います。

だからこそ、1年目で仕事向いてないサインが出てしまった場合、どうすればいいのか不安になりますよね。

 

また、向いてないと感じる仕事を続けるとどうなるのかについても知りたいところ。

そこでここからは、向いてない仕事を続けた結果についても触れつつ、仕事を3年続けたほうがいいのかについてお話していきます!

 

1年目で仕事が向いてないと感じる人は多い?3年は続けることも大事!

 

1年目で仕事が向いてないと感じる人は多いといわれていますが、そう感じたらすぐに見切っても良いのでしょうか?

結論からいうと、1年目で見切るのは一つの手ですが、3年は続けることも大事です。

 

なぜなら、1年目のうちから仕事向いてないと諦めてしまうのは、メリットだけでなくデメリットもあるから。

たとえば、1年目のうちは仕事に不慣れだったり、入社前とのギャップを感じたりします。

 

なので、向き不向きにかかわらずモチベーションが下がりやすく、仕事に対して悪いイメージを抱きやすいんです。

また、向いてないと感じた仕事を続けているうちにうまくこなせるようになるケースも。

 

このように、仕事との相性はすぐに判断できないこともあるので、長く働いてみることも大切です。

なお、以下の記事では仕事が続かないと悩む人の対処法についてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

仕事が続かない人が続く仕事とは?仕事が続かない人の特徴と対処法!

 

無理は禁物!向いてない仕事を続けるとどうなる?

 

仕事向いてないのは1年目より3年目のほうが見極めやすいですが、無理は禁物です。

向いてない仕事を無理して続けても体力的・精神的に消耗してしまうので、限界なら1年目で見切ることも大切。

 

もし自分が向いてない仕事をやる場合、当然ながらストレスを伴うことになります。

なので、働く意欲がわかずにダラダラ働いてしまいがちで、なかなか成長・スキルアップにつながりません。

 

その結果、さらに仕事が楽しくなくなるという負のループに陥るんですね。

こうした悲しい結末を迎えそうなら、1年目で見切りをつけて、早い段階で向いてる仕事に転職したほうがプラスになるでしょう!

 

仕事に向いてないサインが出たら早めの見切りを!辞めたい時の対処法

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

仕事が向いてないサインをチェックした結果、残念ながら1年目で現職の適性がないと発覚した人もいるでしょう。

その場合、無理に続けると消耗してしまうので、早めに見切りをつけるのがおすすめです。

 

具体的には、転職または退職をしていく流れになります。

とはいっても、今の職場を辞めるというのは人によっては腰が重く、行動に移せないという人も少なくありません。

 

そこで辞めたいのになかなか動き出せない方に向けて、対処法についてお伝えしていきます。

 

仕事に向いてないサインが出たのに続けるリスクとは?転職に不利って本当?

 

一般的には年齢が上がるほど転職は難しいと言われています。

ですが、実際のところは「若いほど転職しやすい」という根拠はなく、業務内容や採用ポジションによって変わるものです。

 

例えば、経験者を採用したい企業なら、年齢が高くても採用に関しては問題ありません。

でも、未経験の方を採用したい企業なら、年齢が若い方が有利になることもあるでしょう。

 

こういったことも含めて考えると、年齢に関係なく「自分とマッチする求人」というのは存在するのでご安心を。

とはいえ、未経験の業種へチャレンジしたい場合は早めの転職をオススメいたします。

 

仕事が向いてないサインのどれか、もしくは複数に身に覚えがある方は、できるだけ早く行動しましょう!

 

仕事を辞めたいけど億劫なら「退職代行」を使うのもアリ

 

ただ、仕事を辞めたいのにどうしても退職を申し出ることができないという人もいるかもしれません。

上司や先輩に「退職したい」と切り出すのってなかなか勇気がいる行動です。

 

できることなら、誠実に退職の意思を伝えて、退職までを円満に過ごしていきたいところですよね。

それでも、切り出せずに余計にストレスを溜め込んでいては本末転倒。

 

その場合は、「退職代行」を使うのも一つの手段です。

退職代行とは、退職したい場合に会社に出向かなくても代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

もし会社側が辞めさせてくれなくても、専門家が正しい手順で退職を進めてくれるので、確実に辞めることができます。

2018年ごろから人気が高まって、今ではメジャーな退職サービスです。

 

気になる方は退職代行を利用することも検討しておきましょう!

 

向いている仕事の見つけ方!ベストな仕事に出会うための方法とは?

 

これまで、仕事が向いてないサインについて詳しくご紹介していきました。

ですが、当然ながら「自分に向いている仕事」を見つけるのも決して簡単ではありません。

 

とはいえ、次の仕事をどうするのか考えておかないと、転職した先でまた後悔してしまうかもしれませんよね。

なのでここからは、あなたに向いてる仕事の見つけ方について詳しく取り上げていきます!

 

ベストな仕事に出会うための方法はコレだ!オススメ適職診断もご紹介

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

向いている仕事の傾向を簡単にチェックしたいなら、リクナビの「仕事選びの価値観テスト」と「あなたの隠れた性格」を診断してみましょう。

全22問から一番近い答えを、4つの項目のうちから選ぶだけで5分以内に終わります。

 

後半は、あなたの隠れた性格を診断するテストで、情熱を持ちやすい仕事の傾向を教えてくれます。

私も実際に試してみた結果、今就いている仕事に結びつくような診断結果だったので、かなりヒントになるのではないでしょうか。

 

当またサイトでは、自分に合った仕事を見つけるためのヒントを得るために「適正診断サイト」をご紹介しています。

「◯◯バカ診断」や「あなたがハマること診断」など、詳しい内容が気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

夢中になれるもの診断!心が求めているものを診断する方法とは?

 

転職サイトやエージェントに登録して転職活動を始める!

 

仕事に向いてないことがわかって1年目で見切りをつけるなら、早めに転職活動をはじめるのがおすすめです。

具体的には、転職サイトやエージェントに登録してみるのが良いでしょう。

 

ただし、向いてないという理由で退職する以上、自分に向いてる仕事を見つけてから転職するのがポイントです。

なぜなら、次の仕事も向いてない場合、また同じ理由で辞めることになるから。

 

なので、企業研究や自己分析などを徹底し、自分と相性の良い仕事が何かはっきりさせておく必要があるでしょう。

ちなみに、転職エージェントなら、担当アドバイザーにキャリア相談をさせてもらえます。

 

相談時には「そもそも転職するべきか」といった質問にも答えてもらえるので、自己分析がうまく進まない人におすすめです。

 

なお、以下の記事では『大企業から転職するデメリット』をご紹介していきます。

もし、あなたが大企業勤めなら「こんなことになるなら転職しなければよかった…」とならないためにも、ぜひチェックしておいてください!

 

大企業から転職しないほうがいい?ついていけない時はどうすべき?

 

勤めの仕事は向いてないけど「個人で稼ぐ働き方」が向いてる人は多い!

 

仕事向いてないと感じる場合、業務内容との相性以外に原因がある人もいるでしょう。

そのケースでは、勤めの仕事は向いてないものの、「個人で稼ぐ働き方」であれば向いてることもあります。

 

なので、別の会社に転職するのではなく、独立・起業してみるのも良いでしょう。

実はインターネットやオンラインサービスが発展したことで、以前と比べて独立・起業がしやすい時代になっているんです。

 

たとえば、誰でもネット上で仕事を取ったり、在宅で稼いだりできるようになっています。

以下で個人で稼ぐ働き方の代表例をいくつか挙げるので、独立・起業に興味のある人はぜひ挑戦してみてください!

 

  • Webライター
  • Webマーケター
  • 投資家
  • エンジニア
  • Webデザイナー

 

ただ、その一方で「個人で稼ぐ時代が終わる」という噂も存在するので、本当なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで以下の記事では、個人で稼ぐ時代が終わる理由や噂の真相について詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

個人で稼ぐ時代が終わるは嘘!個人で稼ぐ方法やメリットを徹底解説!

 

ブログがおすすめ!会社員のうちにブログを持っておくと選択肢も増える!

 

仕事向いてないと感じて転職や独立・起業を考えている人は、会社員のうちにブログをはじめてみるのもおすすめです。

なぜなら、自分のブログを持っていると、できる仕事・ビジネスの選択肢が増えるから。

 

ブログを作成・運営することで、スキルアップしたりほかのビジネスにつなげたりできるというメリットがあるんですね。

たとえば、ブログをはじめることで、以下のようなスキルが身に付きます。

 

  • ライティングスキル
  • マーケティング力
  • データおよびニーズの分析力
  • Webサイトの制作・運営スキル

 

これらのスキルを活かせば、関連する仕事に就いたり、フリーランスとして稼いだりできるようになります。

また、ブログ運営がうまくいくと、書籍出版やコンサルの依頼が来る場合もあるんです。

 

したがって、今の仕事を辞める前にブログをはじめておくと、転職する場合も独立・起業する場合も役立つといえるでしょう!

 

まとめ

仕事向いてないサインとは?仕事向いてないサインは1年目でわかる!

 

今回は、仕事向いてないのは1年目でわかるのか、そして向いてないと判断できるサインについてご紹介しました。

仕事は基本的に、3年続けてみないと向いてるかどうかわからないというのが通説です。

 

確かに長く続けるのは大事ですが、今回取り上げたサインをチェックすれば、仕事向いてないのは1年目でも十分わかります。

向いてない仕事を続けても消耗するだけなので、早めに見切りをつけるのも一つの手です。

 

ちなみに、今回は仕事向いてないのかどうかの見極め方だけでなく、向いてる仕事の見つけ方についてもお話ししています。

今の仕事が向いておらず退職を検討しているなら、ぜひこちらも参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。