会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

 

「自分が会社員に向いてないのか診断したい! もし向いてない場合はどうしたらいいんだろう? 」

 

なんとなく会社員になったものの、「自分は向いてない」と感じている人もいるでしょう。

それもそのはず、会社員という働き方にも向き不向きがあるので、適性がない人も当然存在するんですね。

 

  • 会社員に向いてないのはどんな人なのか?
  • 会社員に向いてない人は無能なのか?
  • 会社員に向いてない人はこれからどうすればいいのか?

など、会社員に向いてない人の人生について知りたい人も多いはず。

 

そういうわけで今回は、『会社員に向いてない人の特徴』『会社員に向いてない人の生き方』について解説していきます!

こちらを参考にして、自分が本当に会社員に向いてないのか診断してみてください。

 

会社員に向いてない人診断!向いてない人の特徴を徹底解説!

会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

 

会社員に向いてないかどうかを診断するため、まずは向いてない人の特徴に自分がどれくらい一致しているかチェックしましょう。

これから紹介する特徴のうち、当てはまる個数が多いほど向いてないといえます。

 

今回の診断結果は以下の通りなので、「自分は会社員に向いてないのかな……」と悩んでいる人はぜひ試してみてください!

 

  • 0~1個当てはまる:会社員の適性が高い
  • 2~3個当てはまる:会社員に向いてない部分があるが、会社・職種によっては問題にならないこともある
  • 4~5個当てはまる:会社員に向いてない

 

会社員に向いてない人は朝起きるのが苦手である

 

朝起きるのが苦手な人は、会社員に向いてない人といえるでしょう。

会社員として働く場合は基本的に定時が設定されており、1日の勤務スケジュールが決まっています。

 

ですが、朝起きられないと出社時刻に間に合わず、遅刻してしまうこともありますよね。

遅刻を繰り返していると、上司や同僚からは「ルールを守れない人間」として認識されることになるんです。

 

そうすると、人事評価や社内の人間関係において悪影響を及ぼしかねません。

したがって、朝起きるのが苦手なのに会社員になると、会社員生活においてトラブルが起きやすくなるんですね。

 

会社員に向いてない人は通勤に強いストレスを感じる

 

通勤に強いストレスを感じてしまう場合は日々の負担が大きくなるので、会社員に向いてない可能性が高いでしょう。

通勤に対する抵抗感があるケースとしては、主に2パターンが考えられます。

 

一つ目は、満員電車・バスに乗ることがストレスになってしまい、通勤したくないと感じているパターンです。

ただし、このケースでは、職場近くに住んだり車通勤したりすれば解決できるでしょう。

 

ほかには通勤そのもの、つまり「毎日決まった時間に決まった場所に行く」ということ自体が苦手なパターンが考えられます。

こちらの場合、在宅ワークをはじめ出勤不要の仕事を選ばないと、問題解決は難しいです。

 

会社員に向いてない人は組織での行動が苦手である

 

組織での行動が苦手な人は、会社員にあまり向いてないといえます。

会社員として働く場合は会社という組織に所属しているので、社内外で連携しながら業務に取り組む必要があるんです。

 

たとえば、新商品を販売するためには、アイデアを出す企画部門だけだと不十分。

商品を売る営業部門、実際に商品を作る生産部門など、さまざまな部署の力を借りて仕事を進めなければならないんです。

 

逆に言えば、人付き合いや集団行動が苦手だと、業務で失敗するリスクが増します。

すなわち、組織での行動が苦手な人は、会社での仕事をスムーズに進められない可能性が高いということ。

 

会社員は1人で仕事がしたい人には向いてない職業なんですね。

 

会社員に向いてない人は上司の理不尽な指示に我慢できない

 

会社員を続けていると、上司から理不尽な指示を受けることも珍しくありません。

なので、こうした酷い扱いに対して許せない・我慢できないと強く思う人は、会社員に向いてないといえます。

 

とくに酷い上司を持った場合、たとえば以下のような理不尽な目に遭う危険が高いです。

 

  • 自分一人ではこなせない量の業務を担当させられる
  • クレーム対応をはじめ面倒ごとを押し付けられる
  • 言われた通りに仕事を進めていたのに怒られる

 

このような上司の悪い行いについて、不満を持つのは仕方ありません。

ですが、よほど優秀な上司に囲まれない限り、これらは会社員生活の中でよく発生するトラブルなんです。

 

なので、いちいち怒る・へこむ人は、定年までの長い会社員生活に耐えられないでしょう。

したがって、上司の理不尽な指示へのストレス耐性が低いなら、会社員になるのを避けたほうが無難と考えられます。

 

会社員に向いてない人は起業を考えている、ビジョンがある

 

起業を考えていたり、将来の明確なビジョンがあったりするなら、会社員に向いてない可能性が高いでしょう。

会社員は他人の会社に所属する立場なので、自ら経営・人事に携わるのが難しいです。

 

だから、自分が画期的な商品・ビジネスのアイデアを持っているのに、会社の許可が出ず実行できないケースもあるんですね。

また、会社の都合で勤務地・配属先などの希望が叶わないことも珍しくありません。

 

したがって、ビジネスを一から作りたい人や理想のキャリアプランが固まっている人は、会社員に向いてない傾向があるといえます。

そうした人は、自分の手で未来を切り開ける起業・独立を検討してみるのも良いでしょう。

 

診断結果で会社員に向いてない人の生き方はどうすればいい?

会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

 

今回の診断結果から、改めて会社員に向いてないことが判明したという人もいるはず。

その場合、「自分はやっぱり無能なんだ……」「これからどうやって生きればいいの? 」と不安になりますよね。

 

なので、会社員に向いてない人が社会で活躍できるのか気になるところ。

そういうわけでここからは、会社員に向いてない人の生き方について徹底解説していきます!

 

会社員に向いてない=無能?会社員に向いてる人になる必要はない!

 

今回の診断結果が悪く、「会社員に向いてないなんて、自分はなんてダメなんだ」と悩んでいる人も多いでしょう。

ですが、「会社員に向いてない=無能」ではないので安心してください!

 

むしろ会社員の適性が高い人にない強みを持っているので、無理に自分を変える必要はないんですね。

たとえば、会社員に向いてない人は、以下のような強みを持っている傾向があります。

 

  • 主体的に動ける行動力がある
  • 興味のあるものなら人より努力できる
  • 常に自分の意見を持てる

 

会社員に向いてない場合、人から言われたことをやったり周りに合わせたりするのは苦手といえるでしょう。

ですが、集団行動に向いてないだけで、主体的に動くのは得意なケースも多いんです。

 

なので、自分のやりたいことなら誰よりも必死に取り組んだり、自分の信念を貫き通したりできるんですね。

これらの強みを生かせる生き方をすれば、会社員に向いてなくても社会で活躍できます!

 

会社員に向いてないなら?働き方を見直してみる!

 

会社員に向いてないなら、現在の状況や自分の特性を整理して、働き方を見直してみるのがおすすめです。

たとえば、会社員に向いてないと感じる原因が「通勤が苦手」だとしましょう。

 

その場合、テレワーク・リモートワーク制度を積極的に活用すれば、格段に働きやすくなる可能性があります。

自宅で仕事をするなら、そもそも通勤する必要がなくなりますからね。

 

ほかには、朝が苦手で起きられないので、「自分は会社員に向いてない」と考えている人も多いです。

しかし、フレックスタイム制度により出勤時間を遅く設定すれば、遅刻しにくくなるはず。

 

このように、会社内の制度を活用したり自分に合う会社に転職したりすることで、会社員生活の悩みの一部は解消可能です。

この機会に、いまストレスがない働き方ができているか振り返ってみましょう!

 

会社員に向いてないなら?起業するかフリーランスになる!

 

会社員に向いてないなら、そもそも会社員として働かないという手もあります。

具体的には、起業するかフリーランスとして独立し、会社に頼らずに生きていくのがおすすめです。

 

起業・独立した場合は会社員と異なり、自分1人でビジネスを進められます。

酷い上司や同僚に振り回されたり、周りの目をうかがったりしなくて済むので、職場の人付き合いが苦手な人にはぴったりです。

 

また、自分でビジネスを始めるので、好きな仕事のみを選んでこなせるのもポイント。

思い通りの稼ぎ方ができるので、ストレスがかかりにくいだけでなく、自分のビジョンを実現しやすいんですね。

 

会社員生活に耐えられず苦しんでいるなら、ぜひ起業・独立に挑戦してみてください!

 

会社員向いてないので起業したい、副業したい人にはブログがおすすめ?

会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

 

「会社員に向いてないので起業したい・副業したい! 」と考える人は多いでしょう。

そんな人におすすめなのは、アフィリエイトや広告掲載など、ブログを使ったビジネスで起業・副業することです。

 

ブログを使って起業・副業をするメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 在宅で稼げる
  • 費用がほとんどかからない
  • 不労所得を目指せる
  • 大きく稼ぎやすい

 

とくに在宅で稼げる点は、会社員に向いてない人にとってメリットになるでしょう。

なぜなら、多くの会社員と異なり仕事のためにオフィスに行く必要がないので、通勤や面倒な人間関係から解放されるから。

 

つまり、会社員に向いてない人が苦手なことをやらずに稼げるんです。

さらに、初期費用および固定費があまりかからない点、収入が伸ばしやすい点など、ブログにはほかにも大きなメリットがあります。

 

初心者でも始めやすいうえ、収入アップに効果的なのは嬉しいですよね。

このようにメリットが満載なので、どうしてもやりたいビジネスがないなら、ブログビジネスに挑戦してみるのは非常におすすめです。

 

大前提として努力は必要ですが、会社員に向いてなくても活躍できる可能性がありますよ。

 

まとめ

会社員向いてない人診断!向いてない人はどうすればいい?

 

今回は、会社員に向いてない人の特徴、そして会社員に向いてない人の生き方について解説しました。

多くの人は会社に就職しますが、実は会社員にも向き不向きがあります。

 

たとえば、組織での行動が苦手な人や起業を考えている人など、会社員に向いてない人も当然ながら存在するんですね。

しかし、もし向いてないことが分かったとしても、落ち込む必要はありません。

 

そうした人は会社員に向いてない代わりに、起業や独立をすると活躍できるようになるケースも多いんです。

今回は会社員に向いてない人の生き方についても解説したので、参考にしてみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。