頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

 

「頭が悪くても儲かる仕事にはどんなものがある?頭を使わなくて給料の高い仕事を知りたい!」

 

世の中には、頭を使わずに簡単にできる仕事はたくさんあります。

しかし、そのような仕事の多くが「給料が安い」「過酷な労働環境」といった特徴があるのも事実です。

 

  • 頭が悪くても儲けられる仕事は存在する?
  • 頭を使わなくて給料の高い仕事にはどんなものがある?
  • 頭が悪くても儲けられる仕事の条件はなに?

 

など、頭が悪くても儲けられる仕事について、気になっている人も多いはず。

 

そこでこの記事では、『頭が悪くても儲けられる仕事』や『頭を使わなくて給料の高い仕事』をご紹介していきます。

また、『頭が悪くても儲けられる仕事の条件』も解説していくので、ぜひ参考にしてください。

それでは早速参りましょう!

 

一般的に儲かる仕事ランキング!稼げる仕事・業種TOP10をチェック!

 

そもそも、一般的に「儲かる仕事」にはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。

以下に、仕事・業種別の平均年収ランキングTOP10をまとめてみました。

 

  • 1位:航空機操縦士(パイロット):約1,700万円
  • 2位:医者:約1,200万円
  • 3位:大学教授:約1,100万円
  • 4位:大学准教授:約870万円
  • 5位:記者:約790万円
  • 6位:不動産鑑定士:約750万円
  • 7位:弁護士:約720万円
  • 8位:大学講師:約710万円
  • 9位:高等学校教員:約700万円
  • 10位:一級建築士:約700万円

 

こちらは、厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに編集しました。

1位と2位のパイロットや医者は人の命を預かる責任の大きな仕事であり、その分年収もかなり高くなっています。

 

こういった「収入」の面から転職や将来つきたい仕事の参考にするのもいいでしょう。

ですが、実際これらの仕事に就くためにはたくさんの労力や時間が必要です。

 

例えば、ある程度の学歴、国家資格、特殊な訓練などなど、就職の難易度が高いのはイメージしやすいと思います。

今から勉強してなれるかどうか難しいところですが、狙うならそれ相応の努力が欠かせません。

 

もちろん、どの仕事も周りの人から尊敬されて、非常にやりがいを感じる仕事だと思います。

けど、現実的に考えると「学歴や資格」に左右されずに稼げる仕事に就きたい人が多いのではないでしょうか。

 

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事はコレだ!

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

 

頭を使わずに簡単にできる仕事は、給料が安かったり労働環境が過酷だったりする場合が多いです。

しかし中には、頭を使わない仕事で給料が高い職業も存在するんです。

 

結論から言うと、頭が悪くても儲かる仕事とは以下。

  • 工場勤務など肉体労働
  • 不動産営業
  • 介護職
  • 水商売
  • ウーバーイーツ
  • ブログ(アフィリエイト)

 

それでは、一つずく詳しく見ていきましょう!

 

頭が悪くても儲かる仕事①:工場勤務など肉体労働

 

頭が悪くても儲かる仕事の1つ目は、「工場勤務などの肉体労働」です。

工場勤務では、基本的に体を動かす肉体労働がメインになるので、健康な身体さえあれば頭を使わなくても稼げます。

 

主な仕事内容としては以下の通りです。

 

  • 製造・加工
  • 組み立て・組み付け
  • 接合・塗装・溶接
  • 検品・検査・品質管理

 

これらのほとんどが単純作業のため、一度仕事を覚えれば頭を使わずに体を動かすだけで仕事が成り立ちます。

そのため、頭が悪くても儲かる仕事の1つと言えるんですね!

 

頭が悪くても儲かる仕事②:不動産営業

 

頭が悪くても儲かる仕事の2つ目が、「不動産営業」です。

不動産営業とは、取り扱っている住宅やマンションなどを「不動産を借りたい人・購入したい人」に紹介する仕事のこと。

 

とはいっても、ただの営業ではなく「不動産という莫大な金銭が動く商品」を取り扱っています。

そのため、1件成約するだけで大きな利益が得られるんです。

 

そのうえ、学歴や資格は仕事に影響なく、成約数が上がるほど稼げます。

なので、頭が悪くても大きな成果さえ出せれば、誰でも月に100万円以上稼げる可能性があるんです。

 

ちなみに、文系卒やコミュ障の人にとって営業は難易度が高く、絶対避けたい職種の一つだと言われています。

そこで以下の記事では、営業職に向いてない人の特徴をご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください!

 

文系卒のコミュ障でも営業はできる?文系コミュ障におすすめな仕事!

 

頭が悪くても儲かる仕事③:介護職

 

頭が悪くても儲かる仕事の3つ目が、「介護職」です。

介護職の仕事は大きく分けると以下の3つ。

 

  • 介護士
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー

 

仕事の内容は、基本的に「要介護者をお世話すること」になります。

具体的には、身体介護や生活援助、リハビリ活動支援など。

 

こういった仕事は、マニュアルが用意されており、基本的に体力さえあればどんな人にでもできる仕事がほとんどです。

そのため、頭が悪くても儲けられる仕事と言えます!

 

なお、看護職・介護職につきものな夜勤によって「寿命が10年以上縮む」「早死にする」という噂を聞いたことがある人も多いと思います。

こで以下の記事では、夜勤が与える体への影響をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

夜勤は早死にしやすくなる?夜勤で10年以上の命削る行為は本当なのか?

 

頭が悪くても儲かる仕事④:水商売

 

頭が悪くても儲かる仕事の4つ目が、「水商売」です。

水商売とは、一般的に客の人気が収入を大きく左右する不安定な商売のこと。

 

例えば、次のような仕事が挙げられます。

 

  • キャバクラ
  • ガールズバー
  • スナック
  • ラウンジ
  • ミニくらぶ
  • 高級クラブ
  • ホストクラブ

 

これらの仕事は、学歴や経歴が必要なく、仕事内容のほとんどが接客となっています。

さらに、労働単価が高いため、少ない時間で数万円単位の収入を得ることも可能なんです!

 

頭が悪くても儲かる仕事⑤:ウーバーイーツ

 

頭が悪くても儲かる仕事の5つ目が、「ウーバーイーツ」です。

利用した方も多いと思いますが、ウーバーイーツ(UberEats)配達パートナーはレストランなどの料理をユーザーに届けるお仕事。

 

普通のアルバイトやパートと違って、ウーバーイーツ配達パートナーは決まった時間に働く必要はありません。

シフトとみたいに時間の制約がないので、働きたい時に働くことができるのが人気の秘訣です。

 

そして、ウーバーイーツ配達パートナーは自給制ではなく、成果報酬なので配達すればするほど稼ぐことができます。

実際にウーバーイーツ配達パートナーだけで、生活費を稼ぐ人もいるくらいですから。

 

その分、バイクや自転車を使って走り回る必要があるため、体力に自信がある方なら持ってこいの仕事でしょう。

 

頭が悪くても儲かる仕事⑥:ブログ(アフィリエイト)

 

頭が悪くても儲かる仕事の6つ目が、「ブログ」です。

ブログは、初期費用がほとんどかからず、パソコン一台とネット環境さえあれば、誰でも始められます。

 

また、自分の好きなことや興味のあることなど、自分の好きなジャンルを選べるため、ストレスなく働きやすいのも魅力です。

ではいったい、どのようにブログで稼げるのでしょうか?

 

ブログの代表的な稼ぎ方の1つがアフィリエイトです。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みは以下の通り。

 

  1. 自分のブログ記事に企業の広告を掲載する
  2. ブログを見たユーザーが、掲載されている広告をみて商品・サービスを購入する
  3. 売上の一部を報酬として得られる

 

たくさんのユーザーに見てもらえる記事を書ければ、月に100万円単位の収入を得ることも可能です。

もちろん、学歴や特別なスキルがなくても問題なく始められますよ。

 

さらにブログを通して身についたスキルは、一生食いっぱぐれないためのスキルになもなるので、とてもお勧めです。

実際に、スキルを身につけたことで在宅で月50万円も稼ぐ主婦もいます。

 

そこで以下の記事では、副業でお金を稼ぐ秘訣をわかりやすくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

家にいながら50万稼ぐ方法!在宅で月収50万稼ぐ主婦の秘訣とは?

 

頭が悪くても儲かる仕事の条件とは?意外と稼げる仕事はたくさん存在する!

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

 

頭が悪くても儲けられる仕事にはいくつかの条件があります。

ここでは、その条件について詳しくご説明していきます。

 

意外と稼げる仕事はたくさんあるので、以下の条件を元に探してみましょう!

 

学歴重視ではなく、実力主義の業界やスキル最優先の会社をさがす!

 

頭が悪くても儲けられる仕事をしたい場合、学歴重視の会社は避けて「実力主義」や「スキルを最優先」のところを選びましょう。

理由は簡単で、学歴の低い人は、学歴重視の会社に採用されにくいからです。

 

一方、実力主義やスキル最優先の会社であれば、学歴関係なく誰でも採用されるチャンスがあります。

その会社で大きな成果を出せば、学歴重視の会社で働く以上の収入を得られることも珍しくないんです!

 

低学歴=稼げない時代ではない!実力やスキルがあれば個人でも稼げる!

 

現代は、「低学歴=稼げない」という時代ではありません。

実力やスキルさえあれば、低学歴の人でも問題なく稼げます。

 

さらに会社に所属せずとも、起業したりフリーランスとして独立したりして、個人でも稼げ時代なんです。

そのため、「低学歴だから一生稼げないんだ……」と悲観せずに、自分の実力やスキルを活かして稼げる仕事を見つけましょう。

 

とはいっても、実力やスキルがなくて困っている人も多いはず。

そんな場合は、未経験からでも始められる業界で、仕事をしながらスキルを身につけることをおすすめします。

 

詳しくは次項でご説明していきます!

 

未経験からでも始められる業界!仕事しながらスキルを身につけよう!

 

仕事に活かせる実力やスキルがまったくない場合は、未経験からでも始められる業界で仕事をしながらスキルを身につけましょう。

未経験からでも始められる業界として、次のような仕事が挙げられます。

 

  • 営業
  • ITエンジニア
  • コンサルタント
  • 管理・事務
  • 美容・ブライダル
  • 建築・土木

 

これらの仕事は、未経験から始められるだけでなく、仕事をしながらスキルを身につけられるんです。

仕事しながらスキルを身につけられれば、独立して個人で仕事をすることも可能で、より稼ぎやすくなるでしょう!

 

ちなみに、以下の記事ではスキルなし、金なしOKでできる起業術についてご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください!

 

金なし、スキルなしで起業するには?人脈なしでも起業する方法とは?

 

頭が悪くてもできる仕事をしたいならネットで稼ぐ力をつけるのがオススメ!

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

 

頭が悪くてもできる仕事をしたいならネットで稼ぐ力をつけるのがおすすめです。

ネットで稼ぐ力さえ身につければ、学歴が低く頭が悪くても問題なく稼げます。

 

以下、ネットで稼ぐためにおすすめのスキルを3つ紹介していきます!

 

プログラミングスキル

 

ネットで稼ぐのにおすすめのスキルの1つ目は「プログラミングスキル」です。

プログラミングとは、簡単に言うと「コンピューターに動作してほしい作業指示書を作成するスキル」のこと。

 

専門性が高く需要が増え続けているので、今後ネットで稼いでいくためには、うってつけのスキルといえます。

 

動画編集スキル

 

ネットで稼ぐのにおすすめのスキルの2つ目は「動画編集スキル」です。

最近では、YouTubeをはじめとするさまざまな動画コンテンツを楽しめるプラットフォームが人気を集めています。

 

そのため、動画を編集するスキルに需要が高まっているのです。

動画コンテンツの配信者は、動画編集業務を外部委託しているケースが多いため、個人でも案件を発注して稼げるんです。

 

Webディレクションスキル

 

ネットで稼ぐのにおすすめのスキルの3つ目は「Webディレクションスキル」です。

Webディレクションとは、Webサイト構築に関する企画を出して、デザイナーやコーダーなどを統括する仕事です。

 

自社のWebサイトの構築を望んでいる企業は増えているため、今後も需要のあるスキルといえます。

さらに、Webディレクションスキルはネット構築の上流工程の仕事も担当できるので、高単価の仕事も入りやすいんです!

 

もちろん、これらのスキルを身につけるのは簡単ではなく、努力が必要です。

しかしこの3つのスキルは努力が反映されやすく、本気で取り掛かれば数ヶ月で月収100万円以上稼ぐのも夢ではありません!

 

ブログ(アフィリエイト)のスキル

 

最後にご紹介する、ネットで稼ぐのにおすすめのスキルは「ブログ(アフィリエイト)のスキル」です。

ブログアフィリエイトとは作成したサイトに広告を貼り、商品・サービスが売れるごとに「1件あたりいくら」という成果報酬でお金が稼げる仕組みです。

 

ですが、ブログで稼ぐ方法は実にたくさんあり、上記の流れは1つの例に過ぎません。

ブログ運営者の中には、副業としてアフィリエイトの取り組みながら、1ヶ月で100万円以上の収入を稼ぐ人も多いです。

 

何より、0からブログを作って読者を集め、商品・サービスを売るというのは、商売のイロハを学ぶことに繋がります。

これらはもちろん成功体験になりますし、人によっては採用面接時に武器なったりするんです。

 

それくらいブログ(アフィリエイト)のスキルは重宝されているということですね。

未経験者にとってはブログを作るのも、記事を書くのも難しいと感じるかもしれませんが、今はネットで無料情報がたくさんあります。

 

だからこそ、誰でもすぐに取り組むことができるのがブログの良いところ。

頭が悪くても、正しいやり方で運営していけば生活費くらい稼ぐのは決して難しくありません。

 

もちろん、そこから青天井に稼いでいきたいのであれば、頭が悪いままでは難しくなるでしょう。

頭を使いながらブログを運営できるようになると、家にいながら副業で月に50万円も稼ぐことも可能です。

 

実際に以下の記事では、在宅で月収50万円稼ぐ主婦の話から、副業でお金を稼ぐ秘訣をわかりやすくご紹介しています。

副業に挑戦してみたい方は、ぜひチェックしてみてください!

 

家にいながら50万稼ぐ方法!在宅で月収50万稼ぐ主婦の秘訣とは?

 

まとめ

頭が悪くても儲かる仕事とは?頭を使わない仕事で高給な仕事をご紹介!

 

この記事では、『頭が悪くても儲けられる仕事』や『頭を使わなくて給料の高い仕事』を紹介してきました。

 

今回ご紹介してきた「頭が悪くても儲かる仕事」をもう一度まとめると以下の6つです。

  • 工場勤務などの肉体労働
  • 不動産営業
  • 介護職
  • 水商売
  • ウーバーイーツ
  • ブログ(アフィリエイト)

 

これらの仕事は、学歴が低く頭が悪い人でも儲けることができます。

特に、不動産営業やブログ(アフィリエイト)などは、自分が成果を出した分だけ収入が増えるのでおすすめです。

 

大きな成果を出せば年収1,000万円以上稼ぐことも可能なので、ぜひ挑戦してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。