営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

 

「営業を辞めてよかった人はいる?営業を辞めたいけれど、そう考えるのは甘えなのかな?」

 

高収入だけどその分忙しく、ストレスも多い営業職。

できれば営業の仕事を辞めたいけれど、「辞めてよかった」と思えるのか、辞めたいと思うのは甘えなのかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

  • 営業を辞めてよかったと思っている人はいる?
  • 営業を辞めたいのは甘えなの?
  • 営業を辞めたほうがいい人の特徴は?

など、知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『営業を辞めてよかった人はいるのか、いるとすればどんなことがよかったのか』『営業を辞めたいのは甘えなのか』について解説していきます。

『営業を辞めたほうがいい人の特徴』についても触れるので、ぜひ参考にしてください!

 

営業を辞めてよかった人はいる?営業を辞めたいのは甘えなのか?

営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

 

電話や直接訪問などで、自社商品の売り込みを行う営業職。

毎月ノルマ達成のために昼夜問わず働いたり、同僚と数字で競争しあったりと、肉体面・精神面の両方に負担がかかる仕事のため、「営業を辞めたい」と感じる人は多くいます。

 

しかし、いざとなるとなかなか「辞める」と決められない人もいるのではないでしょうか。

退職後、営業を辞めて良かったと思えるのか、そもそも辞めたいと思うのは甘えではないかと考えている人もいるでしょう。

 

そこでここからはまず、『営業を辞めたいと思うことは甘えなのか』について解説します。

 

営業を辞める人は多い!営業を辞めたいのは決して甘えじゃない

 

業界にもよりますが、営業職の離職率は高めです。

なぜなら営業職は、肉体的にも精神的にもつらい業務内容が多いから。

 

例えば営業職には厳しいノルマがあるため、何件も取引先に電話をしたり、土日を使って直接営業したりしなければなりません。

夜遅くまで残業しても、思うような成果を出せず、苦しむこともあるでしょう。

 

また、営業職は同僚がライバルになるので、顧客の取り合いが起きてしまい、対人関係がギスギスしやすいんですね。

このように営業職は、全体的につらいことが多いんです。

 

肉体的にも精神的にも負担が大きい環境にいれば、仕事を辞めたくなるのは自然なこと。

なので、営業を辞めたいと思うのは決して甘えではないと断言できます。

 

営業が嫌なら逃げてもいい!辞めたあとのリスクは考えておこう

 

営業が嫌だ、つらいと感じるなら、辞めてしまうのも一つの手です。

ただし、後先考えずに退職するのはリスクが伴います。

 

例えば、次の仕事のアテや貯金がない状態で営業を辞めると、資金不足で生活するのが困難になり、今以上につらい状況になる可能性も考えられるんですね。

なかには「失業保険が出るからしばらくは大丈夫」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし、退職理由が「自己都合」の場合、退職から3ヶ月経たないと、失業保険をもらえないんです。

このように、退職後のことを考えずに辞めてしまうと、生活が立ち行かなくなる可能性も。

 

なので、必ず辞めたあとのリスクも考えながら行動しましょう。

 

実際に営業を辞めてよかったと思えるコト!やめたほうがいい人の特徴

営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

 

ここまでで「営業を辞めるのは決して甘えではない」とお伝えしました。

実際に営業がつらくて辞めてしまった人も多いので、辞めたあとのリスクを考慮したうえで、退職を選ぶのも良いでしょう。

 

しかし、実際に営業を辞めた人はその後「辞めてよかった」と思えているのか、もしそうだとしたらどんなことが良かったのか、確認してから退職を考えたい人も多いはず。

そこでここからは、『実際に営業を辞めてよかったと思えること』をご紹介していきます!

 

あわせて『営業を辞めたほうがいい人の特徴』も簡単に解説していきますね!

 

営業ノルマなど数字のプレッシャーから解放された

 

営業を辞めてよかったことの1つ目は、「営業ノルマなど、数字のプレッシャーから解放された」です。

営業はとにかく「ノルマ達成」を求められます。

 

上司からプレッシャーをかけられたり、ノルマの達成状況を数値化して同僚同士で競争させられたりするので、どうにかして業績を上げなければなりません。

しかし、営業は、顧客ありきの仕事です。

 

残業や休日出勤、テレアポや訪問営業などを必死に頑張っても、それに比例して数字が伸びるわけではないんですね。

なのでなかなかうまくいかず、自分を責めてしまうことも。

 

営業を辞めれば、ノルマからのプレッシャーから解放されるのでストレスも減り、心身ともに楽になるでしょう。

数値でしか評価してもらえないのが嫌な方、人と競争するのが嫌いな方は、営業向きではないので、辞めることを検討してみてください。

 

携帯電話の着信にストレスを感じなくなった

 

営業を辞めてよかったことの2つ目は、「携帯電話の着信にストレスを感じなくなる」です。

営業だと、休日夜間問わず顧客から電話が来ます。

 

電話の内容は、契約や商品の問い合わせなど業務に関することだったり、飲み会やゴルフなどの接待のお誘いだったりとさまざまです。

何を言われるかわからない状態で、電話をとりたくないと感じる人も多いでしょう。

 

しかし、電話に出るかどうかで、契約できるかどうかが左右される可能性もあるため、プライベートの時間を楽しんでいたり、夜寝ていたりするときでも対応しなければなりません。

なので着信があるたびストレスを感じてしまい、心身ともに休まらなくなってしまいます。

 

営業を辞めれば携帯電話の着信にストレスを感じなくなるので、精神的に楽になるでしょう。

もし、携帯電話に着信があるたびつらいと感じていたり、プライベートの時間を確保できずに悩んでいたりする方は、営業を辞めたほうが良いです。

 

着信のストレスや時間の確保については、営業を続けている限り改善されないので、辞めるかどうか真剣に考えてみてください。

 

睡眠不足や食生活が改善されて健康になった

 

営業を辞めてよかったことの3つ目は、「睡眠不足や食生活が改善されて健康になった」です。

営業は、ノルマ達成のために夜間や土日も働いたり、電話対応したりする必要があります。

 

なので、なかなかゆっくり寝る時間をとりにくいんですね。

また、クレーム対応に追われて忙しくなれば、食生活にも気を配る余裕がなくなり、パンやおにぎり、カップラーメンなどで済ます日が続くことも。

 

また、顧客の接待もしなければならないので、懇親会が続く可能性も考えられます。

このように営業をしていると、睡眠不足になったり食事内容が乱れたりと、不規則な生活になりやすいんですね。

 

しかし営業を辞めれば、睡眠時間も確保できますし、食事に気を配る余裕もできます。

不規則な生活に嫌気が差している方や、体調不良の状態で無理やり働くことが続いている方、健康になりたいと考えている方は、営業職を辞めたほうが良いでしょう。

 

自由な時間が増えて、趣味や副業に使えるようになった

 

営業を辞めてよかったことの4つ目は、「自由な時間が増えて、趣味や副業をできるようになった」です。

先に触れたように、営業はノルマ達成のために夜間・土日も働いたり接待したり、どんな場面でも電話に出たりしなければなりません。

 

休日も、あってないような状態なので、自由な時間がほぼないんですね。

しかし営業を辞めれば、突然接待が入ったり、クレーム対応をしたりする必要がなくなるので、自由な時間を作りやすくなります。

 

趣味を楽しんだり遠出をしたり、副業に取り組んだりと、これまでできなかったことができるようになるんです。

「仕事ばかりで好きに過ごせないのは嫌だ」という方は、営業を辞めたほうが良いでしょう。

 

営業をやめてよかった!人生を好転させるために大切なコトとは?

営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

 

「営業を辞めてよかった!」と思えるかどうかは、その後の過ごし方にもかかっています。

営業を辞めたい理由から自分の価値観を明確にしたり、理想の生活を描いて計画を立て、行動したりすることで、その後の人生がよくなっていくでしょう。

 

ここからは、『営業を辞めたあと、人生を好転させるために大切なこと』について解説していきます!

 

価値観を明確にする!自分の人生で大切なのは時間?お金?健康?

 

まずは、自分の価値観を明確にしましょう。

自分にとって大切なものが何なのかをはっきりさせておけば、仕事選びをはじめとした「人生の選択」に失敗しません。

 

価値観を明確にしたいときは、営業を辞めたい理由から考えていくのがおすすめです。

例えば「もっと自由な時間がほしい」「カツカツ働くよりものんびり過ごしたい」から営業を辞めたいのなら、特に「時間」に価値を感じていることがわかります。

 

「心身ともに休まらなくてつらい」「もっとイキイキとして過ごしたい」と思うのなら、「健康」を重要視している可能性が高いです。

このように、営業を辞めたい理由を通じて、自分にとって大切なものが何かを改めて考えてみてください。

 

自分の人生で大切なものがわかれば、どんな場面でも自分にとってベストな選択ができるでしょう。

 

理想の生活を送るための計画!やめたあとは転職?副業を本業に?

 

価値観を明確にしたあとは、理想の生活を描いてみてください。

理想の生活を描くときは、以下の点について考えてみると良いでしょう。

 

  • どんな働き方をしたいか
  • どんな生活を送りたいか
  • どんなところに住みたいか
  • 経済状況はどうだと嬉しいか
  • 精神状態はどうあるのが理想か
  • 家族や友人どの関係はどうか

 

自分の「理想」をとことん洗い出して、それを実現するにはどうしたらいいか、どんなスキルが必要かなどを把握し、計画を立ててみます。

すると、自ずと理想の生活のために必要なスキルや、適した転職先が見えてくるんですね。

 

例えば「田舎でのんびり暮らしながら自分のペースで働きたい」なら、転職するより副業を本業にしたり、個人事業主になるためのスキルを身につけたりするのが良いでしょう。

「営業は苦手だけど人と関わりたい」と考えるなら、接客業に転職するのがおすすめです。

 

転職でも副業でも独立でも良いので、営業を辞めたあとはどのようにしていくかを計画立てて、理想の生活に近づけていきましょう。

 

営業の経験を活かしたいならブログで副業がおすすめ?

 

営業の経験を活かしたいなら、ブログで稼ぐのがおすすめです。

ブログで稼ぐには、集客、セールス、販売スキルが必要ですが、営業経験者の場合、すでにこれらのスキルが身についています。

 

すでに身についたスキルを活かしながら取り組めば良いので、比較的成果も出やすいでしょう。

また、営業のようにノルマや人間関係のストレスがありません。

 

パソコンとネット環境があればどこでも取り組めるので、通勤も必要もないんですね。

稼ぎ出すまでに時間がかかるので、最初のうちは副業として取り組むのがおすすめですが、大きく稼げるようになれば、本業にもできるでしょう。

 

営業の経験を活かしながら稼ぎたい方は、ブログ運営も検討してみてください!

 

まとめ

営業を辞めてよかった?辞めたいのは甘え?やめたほうがいい人の特徴

 

今回は、『営業を辞めてよかった人はいるのか、いるとすればどんなことがよかったのか』『営業を辞めたいのは甘えなのか』について解説しました。

結論、営業を辞めてよかったと感じている人はたくさんいます。

 

具体的には「ノルマ達成のプレッシャーから解放された」「携帯電話の着信にストレスを感じなくなった」「睡眠不足や食生活が改善され、健康になった」との声がありました。

「時間的拘束がなくなったため、趣味や副業に時間を使えるようになった」との声も。

 

このように、営業を辞めたらストレスなく健康な毎日を送れるようになったり、自由時間を満喫できるようになったりと、充実した日々を送っている人がたくさんいるんですね。

逆に、こういった声が多いのは、営業職は時間的にも精神的にも自由がないからだと考えられます。

 

なので、「営業を辞めたい」と考えるのは決して甘えではありません。

よほど営業を好きな方でない限り、プレッシャーやストレスで精神的ダメージを受けたり、十分な休息を取れず体を壊したりしてもおかしくないんですね。

 

もちろん営業を辞めたあとのリスクを考える必要はありますが、「甘えだから」と思わず、退職を検討しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。