サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

 

「サラリーマン以外の生き方を知りたい!」

 

サラリーマンひと筋で歩んできたものの、1度は「ほかの生き方はあるのか」と考えたこともありますよね。

ですが、実際に会社を辞めてサラリーマン以外の生き方ができるのか、不安な人もいるのではないでしょうか。

 

  • サラリーマン以外の生き方はあるのか?
  • どんな選択肢があるのか?
  • メリットやデメリットはどんな感じなのか?

など、知りたいことは多いですよね。

 

そこで今回は「サラリーマン以外の生き方の選択肢」を一覧で紹介しつつ、「メリットやデメリット」も解説していきます!

 

サラリーマン以外の生き方を一覧紹介!働く以外の選択肢はある?

サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

 

サラリーマン以外の生き方をすると、当然ながら所属している特定の企業や団体から給与をもらえなくなります。

なので、自分で生活していける力を身につけなければなりません。

 

仕事を請け負ったり、新事業を立ち上げたりする必要があるんです。

その具体的な例として、以下にサラリーマン以外の生き方を一覧にまとめてみました。

 

■自給自足生活をする
  • 生活する上で必要なものを、自分でまかなったり、生産したりする
  • 光熱費を削減したい場合は、電気・水道などのインフラに頼らず、太陽光や雨水を利用する
■フリーランス
  • 特定の組織に所属せず、自分が仕事を請け負ったり、スキルを提供したりして報酬を得る
  • ブロガー・アフィリエイターは、ブログを利用して広告収入を得る
  • Webライターは、ネット上で公開される記事を執筆して収入を得る
  • YouTuberは、動画投稿し広告収入を、またはグッズ販売などで収益を得る
■起業する
  • 大きく分けて「個人事業主」と「法人設立」の2種類がある
  • 新しく事業を起こして商品やサービスの提供を行い、その対価として収入を得る
  • 在宅でも可能

 

自給自足生活は、今まで何でも買って揃えていた暮らしから、自分で作ったり間に合わせたりするスタイルに変わります。

「いきなりは厳しいかも」と感じる人は「半自給自足生活」を始めて、だんだん慣れていくとよいでしょう。

 

また、フリーランスになるという選択肢もあります。

たとえばプログラミングスキルなど、なにかフリーランスに活かせるものがあれば、挑戦しやすいです。

 

もし活かせるスキルがない場合は、初心者でもできるレベルの仕事からこなしましょう。

仕事をいくつもこなしていけば段々とスキルアップするので、より報酬の高い仕事が獲得できるようになりますよ。

 

起業するという選択肢もありますが、初心者にはハードルが高めです。

なぜなら、起業するには何かしら「事業化できる商品やサービス」が必要だから。

 

何も売るものがないのに起業しても、固定費ばかりかかって赤字続きになり、たちどころに倒産してしまう可能性が高いです。

ちなみに働く以外の生き方としては「ニート」や「生活保護」が挙げられます。

 

心身共に疲れて働けなくなったり、自分で生活するのが困難になったりする場合は、一時的に頼ってみてもよいでしょう。

 

サラリーマン以外の生き方のメリットとデメリットを解説!注意点は?

サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

 

サラリーマン以外の生き方をする具体的なメリットは一体何なのか気になりますよね。

また、デメリットについても押さえておきたいところ。

 

そこでここでは「サラリーマン以外の生き方のメリットとデメリット」について解説していきます。

サラリーマン以外で生きる際の注意点も紹介するので参考にしてください!

 

サラリーマン以外の生き方のメリットは?時間や場所の自由が手に?

 

サラリーマン以外の生き方のメリットはズバリ、時間や場所に囚われない「自由」が手に入ること。

突然の残業やムダな会議、もちろんシフトもないので、必要なタスク・スケジュールはすべて自分で管理できます。

 

さらに働く場所も決められていないため、勤務先に行かなくていいんです。

それにともなって、通勤時に公共機関を利用する事がないので、満員電車の煩わしさやマイカー通勤による渋滞ストレスもありません。

 

たとえば前述のフリーランスで紹介したWeb系の仕事。

パソコンとネット環境さえ整っていれば、お気に入りのカフェや海外の旅先でもできちゃうんです。

 

こうしてみるとサラリーマン以外の生き方って自由度が高くてワクワクしますね。

 

サラリーマン以外の生き方のデメリットは?安定した収入はなくなる?

 

一方でサラリーマン以外の生き方では「安定した収入がなくなる」というデメリットがあるんです。

サラリーマンは毎月の基本給に加えて、しっかりした福利厚生によって安定した収入が得られます。

 

しかしサラリーマン以外の生き方は、こなした仕事に対してしか収入を得られません。

契約した仕事の本数や、1件あたりの受注価格によって常に収入が変動するので、安定しにくいんです。

 

また商品やサービスを販売する場合は、仕事をこなしても売れなければ収入にはなりません。

最悪売れなければ収入はゼロの可能性も。

 

以上のようにデメリットもあることをきちんと理解した上で、サラリーマン以外の生き方を選んでください!

 

会社員以外の生き方は男性でも通用する?家族を養うための注意点は?

 

安定した収入が見込めないサラリーマン以外の生き方は、大黒柱として責任がある男性からすると通用するのか心配ですね。

結論から言えば、家族が路頭に迷わなければ大丈夫でしょう。

 

そこで家族を養うための注意点である「健康保険・年金」いわゆる「社会保険上の扶養」について解説します。

サラリーマン時代は会社と折半で保険料を納めていますね。

 

ところがサラリーマン以外の生き方は、雇用主である会社からの保障制度がなくなり、家族も当然社会保険対象外となるんです。

このため国民健康保険に切り替え、自分で全額負担する必要があります。

 

よって家族の人数が多い場合は、納める保険料もそれに呼応して高くなってしまいます。

また厚生年金も同様です。

 

厚生年金から外れた際は、国民年金に切り替えることで全額自己負担となり、場合によっては納める額が高くなることも。

ちなみに社会保険は「任意継続」する方法で、退職後最大2年間は継続して加入できます。

 

ただし一定条件を満たしている必要があるんです。

任意継続することで、会社で加入している社会保険を利用できるので、国民健康保険よりも保険料を安く抑えられる可能性があります。

 

国民健康保険料は前年の所得に応じて設定されるからなんです。

そのため退職以降の収入によっては、家計を圧迫する危険があるため、任意継続という制度があるんですね。

 

とはいえ任意継続した保険料は、全額自己負担になります。

このようにサラリーマン以外の生き方を始めると、社会保険上の扶養による出費が原因で、家族を養うのがキツくなるかもしれません。

 

まずは家族への影響も考えて、あせらずにサラリーマン以外の生き方を考えていきましょう!

 

会社員以外の生き方が向く人は?会社員以外で生きる方法・始め方は?

サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

 

ここまででサラリーマン以外の生き方について紹介してきました。

できれば「会社を辞めて自由な生き方をしてみたい」と思うものの「どんなタイプの人が向いているのか」気になりますよね。

 

またどのようにスタートを切っていけば良いのかも知っておきたいところ。

そこでここでは「サラリーマン以外の生き方が向く人」を紹介しつつ、「サラリーマン以外で生きる方法や始め方」について解説していきます。

 

サラリーマン以外の生き方が向いている人は?単独行動が好きな人?

 

サラリーマン以外の生き方が向いている人は、単独行動が好きな人です。

特別なスキルや経験はさておき、1人で何かをするのが平気なので、サラリーマン以外の生き方は気楽に感じるでしょう。

 

組織に属さなければ、意としない残業や会議に参加する必要もありません。

サラリーマン以外の生き方は、誰にも邪魔されず黙々と作業に打ち込めるので、自分の能力も存分に発揮しやすいんです。

 

単独で決断して行動できるので、人から指示を受けなくても大丈夫なんですね。

もし「人に合わせられない」「指図されるのがイヤ」などと感じたらサラリーマン以外の生き方に変えてみましょう。

 

サラリーマン以外の生き方を選ぶには副業を本業にするのがいい?

 

サラリーマン以外の生き方についていろいろわかったけれど、いきなり会社を辞めるのは不安な人もいますよね。

なので副業からスタートして、うまくいったらそれを本業にするのがいいです。

 

加えて「本業に悪影響を与えない」ことはもちろん、「初期投資がない、もしくは低額で済む」ことを副業にすると始めやすいですよ。

たとえば、冒頭でも紹介した「Webライター」はスタートにおすすめ。

 

パソコンとネット環境さえあれば初期投資不要で今すぐにでも始められるうえ、自分のペースで働きやすいからです。

クラウドソーシングサイトを使えば、比較的容易に仕事も獲得できます。

 

最初は文字数が少ないものや文字単価が低い、比較的できそうなものを受注してみましょう。

始めたばかりの頃は、思うように稼げない可能性はあります。

 

でも、コツコツ実績を積み上げていくと高単価な仕事を獲得しやすくなり、その結果収入も上がっていくんです。

最終的にサラリーマンで得た収入を超えたところで、本業にしている人も多くいますよ。

 

まとめ

サラリーマン以外の生き方の選択肢一覧!メリットとデメリットは?

 

今回は「サラリーマン以外の生き方の選択肢」を一覧で紹介しつつ、「メリットやデメリット」も解説しました。

サラリーマン以外の生き方としては、自給自足生活やフリーランス、起業するなどが挙げられます。

 

これらを実行すれば、時間や場所に囚われない自由が手に入るメリットを得られるでしょう。

ただ、安定した収入がなくなるというデメリットがあることも忘れないでくださいね。

 

いずにせよ成功して稼げるようになれば、サラリーマンよりも大きな収入を得られる可能性が高いでしょう。

いきなりサラリーマンを辞めると不安な人は、副業を本業にしていくのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。