若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

 

「若い金持ちってどんな職業の人なのかな? 彼らの実態や共通点から『若い内にお金持ちになるヒント』を得たい!」

 

世の中には若くして多額の資産を持つ「若い金持ち」が存在します。

ですが、知り合いにそういった人がいないと、どんな仕事をしている人たちなのか見当もつかないですよね。

 

  • 若い金持ちはどうやって稼いでいるのか?
  • 若い金持ちになるにはどうすればいいのか?
  • 若くても金持ちになれる方法とは?

など、若い金持ちの実態について知りたいことも多いはず。

 

そういうわけで今回は、『若い金持ちの職業や共通点』『若い金持ちになるためにすべきこと』について解説していきます!

若い金持ちになるための具体的な方法についても紹介します。

 

若い金持ちの職業は何をしているの?若いお金持ちの職業ランキング!

若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

 

世の中にいる若い金持ちは、一体何をして稼いでいる人なのでしょうか?

ダイヤモンドDATAラボが公開している情報によると、35歳以下の若手会社員における収入ランキングは以下の通り。

順位 職種 平均年収(万円)
1 M&A・プライベートエクイティー投資 1,095
2 リサーチ関連(金融) 928
3 ファンドマネージャー・アナリスト 903
4 コーポレートファイナンス 885
5 年金・機関投資家営業 879
6 パフォーマンス分析・リスク管理 865
7 ストラクチャードファイナンス・証券化 847
8 コンサルタント(経営・戦略) 828
9 PR・広告宣伝・SP 816
10 監査・法務・コンプライアンス(金融) 810

出典:https://diamond.jp/articles/-/129854

 

このように、実は会社員でも、高収入な職業を選んだ場合は若い金持ちになれます。

たとえば、高収入ランキング1位の「M&A・プライベートエクイティー投資」なら、30代で年収1,000万円を狙えるんです。

 

若いうちからこれだけ稼げれば、十分余裕のある暮らしができそうですよね。

高収入な職業の系統としては、金融系やコンサルティング系といったいわゆる専門職が目立っています。

 

したがって、若い金持ちになりたいなら、専門知識が必要な業種を探すのがおすすめです。

ただし、上のランキング表をよく見ると、会社員の場合は35歳以下の平均年収が1,100万円を超える職業がありません。

 

すなわち、目標額がそれ以上なら、起業・独立や投資によって稼ぐしかないということ。

「億り人」をはじめとする大金持ちを目指す人は、一度フリーランスになることを検討してみると良いでしょう。

 

若い金持ちの職業に共通する特徴や金持ちになるためにすべきことは?

若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

 

若い金持ちの職業に共通していることは?会社勤めが稼げない理由は?

 

若い金持ちの職業に共通しているのは、会社勤めをしていないことです。

若い金持ち以外を含めても、資産1億円以上を達成している富裕層・超富裕層の多くは事業家といわれています。

 

では、一体なぜ会社勤めの人が稼ぎにくくなっているのでしょうか?

一部の高収入な業種の会社員であれば、35歳以下と若いうちから年収800万円以上を達成することは可能です。

 

もし役員になれた場合、年収数千万円を実現できるケースもあるでしょう。

ですが、会社員で大きく稼ごうとすると、出世や勉強・スキルアップに長い年月がかかるのが一般的です。

 

将来金持ちになれるかもしれませんが、「若い金持ち」になるのは難しいでしょう。

一方で、事業家として起業・独立して自分の力でビジネスをする場合、年齢に関係なく稼ぐことが可能です。

 

会社員と違って収入の上限がないので、トップ層の中には資産1億円を超える人もいます。

このように、会社に頼らない稼ぎ方を身に付けられれば、憧れの大金持ちに一歩近づけるでしょう。

 

若い金持ちになりたいなら、ぜひ起業・独立に挑戦してみてください!

 

若い金持ちになるために今からできることは?収入の仕組み化が大切?

 

若い金持ちになるために今からできることとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 起業・独立する
  • 投資に力を入れる
  • 収入の仕組み化を進める

 

一般的に会社員より、事業家になったほうが若いうちから稼ぎやすいといわれています。

なぜなら、会社員の場合は出世したり実力が身に付いたりするまでに時間がかかるので、若い頃は収入アップが難しいから。

 

自分で稼ぐとビジネスの売上が収入に直結するので、収入アップが早いんですね。

また、会社に頼らずに稼いでいる人の中には、株やFX・仮想通貨をはじめとする投資で資産を増やしている人も少なくありません。

 

投資は複利の力を利用できるため、早く始めれば始めるほど有利といわれています。

なので、仕事・ビジネスで稼いだお金を投資に回せしておけば、長期的に見て資産を増やしやすくなるといえるでしょう。

 

さらに効率よく稼ぎたいなら、「収入の仕組み化」を進めるのも大切です。

収入の仕組み化とは、自分の手を動かすのではなく、外注やシステム化を活用して自動でお金を稼ぐこと。

 

収入の仕組み化を実践すると、高収入を実現しつつ、自分の時間を作れるんですね。

 

若いうちに金持ちになれる職業は?若くてもお金持ちになれる方法は?

若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

 

若いうちに金持ちになるには、高収入な職業・稼ぎ方を選ぶのが非常に重要です。

とはいえ、周りに若い金持ちがいないと、どんなことをして稼げばいいのかまったく分からないですよね。

 

そういうわけでここからは、若くてもお金持ちになれる職業や方法について解説します!

 

①収入を自動化する仕組みを作ろう

 

若いうちに金持ちになりたいなら、収入を自動化する仕組みを作るのがおすすめです。

収入の仕組み化を実現すると効率よく稼げるので、起業・独立して事業が軌道に乗ってきたら積極的に進めましょう。

 

収入を自動化するメリットとしては、まず時間が節約できる点が挙げられます。

一部でも作業を自動化できると、自分の手を動かす時間を減らしつつ、収入をキープすることが可能なんです。

 

手が空いた時間を使えば、次の事業計画を考えたり、人脈作りを行ったりできます。

空き時間で事業を拡大して収入を上げ、こちらも自動化するといった流れを作れれば、収入アップの好循環が生まれるでしょう。

 

また、自分が働いていない時間も稼げるという点も、自動化の大きなメリットです。

収入を自動化する仕組みを作ると、外注先やツールなどが自分の代わりにビジネスを進めてくれます。

 

すなわち、自分が怪我や病気で働けない期間中も収入が増え続けるということ。

したがって、自動化すると効率よく稼げるだけでなく、トラブルに対するリスクヘッジにもなるんですね。

 

収入を自動化する仕組みとしては、ブログやメルマガ、LINE配信などが挙げられます。

すでに自分でビジネスを始めている人は、こちらを利用して自動化できないか検討してみると良いでしょう。

 

以下で主な自動化手段について紹介するので、こちらも参考にしてみてください!

 

■ブログ

 

ブログは収入を自動化するうえで代表的な仕組みの一つです。

商品・サービスを売って稼ぐタイプのビジネスだと、オフラインなら自分の足で顧客1人1人を訪問することになるでしょう。

 

1人で回れる顧客の数には限界があるので、ビジネスの規模拡大が頭打ちになりがちです。

ですが、ブログでその商品・サービスを宣伝する記事を公開しておけば、読者に対して24時間365日営業をかけられます。

 

つまり、自分で直接営業に出向くより、効率的に宣伝活動を行えるんですね。

やみくもに営業を繰り返して消耗しているなら、ぜひブログをビジネスに取り入れてみてください!

 

■メルマガ・LINE

 

メルマガやLINEを配信することも、収入の自動化手段として有名です。

メルマガ・LINE配信を使うと一括でメッセージを送れるので、登録者に対して個別に連絡を取る必要がなくなります。

 

さらに、サービスによっては、あらかじめ登録したメッセージを自動で配信可能です。

自動配信機能を活用することで、たとえば特定の時間に合わせて配信したり、決まった順番でメッセージを送ったりできます。

 

送り忘れを防げるというメリットもあるので、興味がある人は試してみると良いでしょう。

 

②ネットビジネスを始めよう

 

若い金持ちになりたい人は、大きく稼ぎやすいといわれる「ネットビジネス」を始めるのがおすすめです。

まずは副業からでも構わないので、自分が興味のあるビジネスに取り組んでみましょう。

 

初心者でも比較的始めやすいネットビジネスとしては、たとえば以下のようなビジネスが挙げられます。

 

  • アフィリエイト
  • 情報販売
  • 物販
  • せどり
  • Webライティング

 

ネットビジネスはツールやウェブサイトを利用して、稼ぐための作業や宣伝活動を効率化できるのが強みです。

つまり、収入を自動化する仕組みを作りやすいんですね。

 

自分のビジネスを自動化できると、自分が寝たり遊んだりしているときにも報酬が発生し続けるという大きなメリットがあります。

ネットビジネスは収入を伸ばすのにも労働時間を減らすのにも向いているんですね。

 

ちなみに、ネットビジネス以外のオフラインで稼ぐ方法でも、若い金持ちになれる職業はもちろん存在します。

たとえば、医者や弁護士のように高度な専門職がその代表例です。

 

とはいえ、今からこれらの職業に就こうとすると、資格を取ったり経験を積んだりするのにとんでもない時間がかかるはず。

一方、ネットビジネスは資格・スキルがなくても始められるものが多いです。

 

成果が出るのが早いうえに取り組みやすいので、若い金持ちを目指したい人はぜひネットビジネスに挑戦してみてください!

 

まとめ

若い金持ちの職業や実態とは?共通点や若い内にお金持ちになるには?

 

今回は、若い金持ちの職業や共通点、そして若い金持ちになるためにすべきことについて解説しました。

若いうちから多額の資産を築くことに成功した「若い金持ち」。

 

若い金持ちの多くは事業家で、収入の自動化を取り入れながら、周りの人たちに比べて効率よく稼いでいるんです。

なので、若い金持ちになりたい人は、起業・独立を視野に入れると良いでしょう。

 

今回は、収入を伸ばすために重要な「収入を自動化する仕組み」についても詳しく解説しています。

もし若いうちから大きく稼ぎたい人は、こちらも参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。