広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

 

「広告代理店に向いてる人ってどんな人なんだろう? 仕事内容がきついのかどうかや仕事に活かせる経験についても知りたい! 」

 

華やかなイメージがあり、人気の高い職業の一つとして知られる「広告代理店」。

広告代理店に入りたい人は、どんな人に向いてるのか、そして実際はどんな仕事なのか気になりますよね。

 

  • 広告代理店に求められる人材はどんな人なのか?
  • 広告代理店の仕事はきついのか?
  • 広告代理店に勤める人の年収は?

など、広告代理店への就職を目指すうえで知っておきたいことは多いでしょう。

 

そういうわけで今回は、『広告代理店に向いてる人の特徴』『広告代理店の仕事に活かせる経験』についてお話していきます。

広告代理店の仕事内容や魅力についてもご紹介するので、参考にしてみてください!

 

広告代理店に向いてる人とは?広告代理店に求められる人材、特徴を解説!

広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

 

広告代理店は人気のある会社なので、ぜひ入りたいという人も多いでしょう。

もし本気で就職・転職を検討しているなら、広告代理店に向いてるのは一体どんな人なのか気になりますよね。

 

というわけでここでは、広告代理店に求められる人材の特徴についてご紹介していきます!

 

広告代理店に向いてる人の特徴①:幅広い人間関係を作るのが得意な人

 

幅広い人間関係を作るのが得意な人は、広告代理店に向いてるといえるでしょう。

なぜなら、広告代理店の仕事を円滑に進めるためには、社内外のさまざまな立場の人と信頼関係を築く必要があるから。

 

たとえば、広告代理店では、クライアントから仕事依頼を受けて宣伝活動を代行します。

つまり、仕事をもらったり先方の希望を把握したりするには、クライアントに信頼されていなければなりません。

 

また、仕事の外注をするときには、取引先の担当者とやり取りする必要もあるでしょう。

これらのことから、幅広い人間関係を作るのが得意なら、広告代理店の仕事をスムーズにこなせると考えられます!

 

広告代理店に向いてる人の特徴②:個人よりチームプレイが得意な人

 

広告代理店に向いてる人としては、個人よりチームプレイが得意な人が挙げられます。

広告代理店では基本的にチーム単位で仕事をするので、チームプレイが得意なら活躍しやすいんです。

 

実はWeb広告の普及もあり、広告代理店の業務は年々拡大していく傾向にあります。

だから、個人で完結させるのが難しくなっており、1人で動くのが好きな人や協調性がなさすぎる人には向いてないんですね。

 

これらのことから、チームプレイ重視で行動できるなら、広告代理店で活躍しやすいといえるでしょう!

 

広告代理店に向いてる人の特徴③:世の中の動きやトレンドに敏感な人

 

世の中の動きやトレンドに敏感な人は、広告代理店に向いてる人だといえるでしょう。

なぜなら、広告代理店の仕事では斬新なアイデアが必要になる機会が多いので、情報収集やトレンドの察知が非常に重要だから。

 

自らトレンドを新しく作り出すには、こうした流行に乗り遅れない能力が必須なんですね。

たとえば以下のような特徴がある人は、世の中の動きやトレンドに詳しく、広告代理店に向いてるといえるでしょう。

 

  • 新しいもの・流行っているものが好き
  • いつも好奇心が旺盛
  • 幅広い知識を身につけている

 

とくに新しいアイデアを生み出すうえで、好奇心旺盛かどうかは重要なポイントです。

広告代理店で働く場合、複数プロジェクトの進行で多忙の中、トレンドや関連ジャンルの情報を集める必要があります。

 

常日頃からさまざまなものに興味関心を持っていると、こうした作業が楽になるんですね。

上で紹介した特徴に当てはまっていて、なおかつ広告代理店に興味があるなら、転職を検討してみるのもおすすめです!

 

広告代理店とは?仕事内容はきつい?広告代理店に勤める人の年収をご紹介!

広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

 

広告代理店には有名な企業も多いですが、入ったことがない人からするとなにをやっている会社なのかわかりにくいですよね。

なので、もし目指すのであれば、広告代理店の仕事について知っておきたいところ。

 

そういうわけでここからは、仕事内容や勤める人の年収をはじめ、広告代理店について詳しくご紹介していきます!

 

広告代理店とは?仕事内容は大きく5つの役割に分けられる!

 

広告代理店とは、クライアントの広告活動を代理で請け負う会社のこと。

主な仕事は広告の出稿・作成などですが、テレビ・新聞だけでなくWeb広告も扱うため、年々業務の幅が広がってきています。

 

広告代理店の仕事内容は、大きく以下の5つの役割に分けられるでしょう。

 

  • 営業部門:社内外の業務の進行管理、仕事の受注など
  • メディア部門:広告媒体の選定、広告枠の確保など
  • マーケティング部門:競合や市場の調査、マーケティング方法の立案など
  • クリエイティブ部門:広告の制作、校正校閲など
  • プロモーション部門:キャンペーンの企画、イベントの運営など

 

このように、一口で広告代理店といっても、部署ごとに大きく業務内容は異なります。

たとえば、広告代理店のイメージが強いコピーライターやデザイナーは、クリエイティブ部門の仕事を担当する業種です。

 

一方で、ほかの会社と同じく、営業や企画を専門的に行う部門も存在しています。

もし広告代理店に入りたいなら、自分はどの仕事を担当したいのかについてよく考えておくと良いでしょう!

 

広告代理店のやりがいや魅力とは?仕事はきついって本当?

 

広告代理店のやりがい・魅力としては、主に以下のようなものが挙げられます。

 

  • 大きな達成感がある
  • 経営スキルが身につく
  • 社会に大きな影響を与えられる

 

広告代理店では社内外のさまざまな人と協力しながら、少しずつ広告制作を進めるんです。

なので、プロジェクト完了で大きな達成感が得られたり、クライアントや取引先から経営スキルを学べたりするメリットがあります。

 

また、CMをはじめ世間への影響力がある仕事を担当するので、それが楽しいという人も。

反対に、広告代理店で働くうえできつい点は以下の通り。

 

  • スケジュールが過密になりやすい
  • 広告の成果が厳しく評価される
  • 高度な業務の調整能力が求められる

 

このように、広告代理店の仕事はきついといわれるだけあって、大変な点もいくつか存在しています。

中でも、スケジュールが過密になりやすい点は理解しておくべきでしょう。

 

業務内容が幅広いうえ、クライアントから急な指示を受けることも多いので、どうしても忙しくなりがちなんですね。

広告代理店の仕事をしたい人は、やりがい・魅力だけでなく、仕事のきつさも把握したうえで就職・転職するのが大切です!

 

広告代理店に勤める人の気になる平均年収は?

 

広告代理店に勤める人は年収が高いイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

結論からいうと、条件次第ですが、広告代理店では高年収を狙えます。

 

なので、稼げる仕事・業種を探しているなら、広告代理店を候補に入れてみるのも良いでしょう。

稼げるイメージのある広告代理店ですが、業界全体の平均年収は426万円(※1)です。

 

日本の男女両方を含む平均年収は約433万円(※2)なので、実は他の仕事と比べても特別高いとはいえないでしょう。

ですが、トップ企業に絞った場合、年収1000万円を超えている人も珍しくありません。

 

だからこそ、業界の平均年収がそれほど高くないにもかかわらず、広告代理店は稼げるといわれているんですね。

もちろん、広告代理店で高給取りになるには、本人の実力・スキルが必要不可欠です。

 

とはいえ、これほどの高年収を狙えるチャンスがある会社自体、世の中にそう多くは存在していません。

収入重視で就職先や転職先を選ぶ人は、広告代理店への入社を検討してみてください!

 

出典※1:平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】(2021/12/13時点)

https://doda.jp/guide/heikin/

 

出典※2:令和2年分 民間給与実態統計調査

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm

 

広告代理店で仕事をするために活かせる経験とは?身につけるべきスキル!

広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

 

せっかく広告代理店に入るなら、仕事でしっかり活躍したいと思う人も多いはず。

そのためには、どんな経験が広告代理店での仕事に活かしやすいのか知っておき、自身の市場価値を高めておくのがおすすめです。

 

また、仕事で役立つスキルを持っていることも、貴重な人材になるために重要でしょう。

そういうわけでここでは、広告代理店で仕事をするために活かせる経験や、身につけるべきスキルについてご紹介していきます!

 

パソコンを使った基本的なIT関連の知識やスキル!

 

広告代理店で仕事をするなら、パソコンを使った基本的なIT関連の知識やスキルを身につけておくべきでしょう。

なぜなら、広告媒体はWeb広告が主流になりつつあるから。

 

パソコンやIT技術を最低限使えるようにしておかないと、日々の仕事をこなすことすら難しい時代なんですね。

Web広告の勢いはすさまじく、Web広告専門の広告代理店が出現しているほど。

 

さらに、大手代理店の中にもWeb広告に特化した部署を持ち、本格的に力を入れる会社が増えています。

だからこそ、今のうちにIT関連の知識やスキルを身につけておくと役立つんですね。

 

今後ますます勢いを増すWeb広告・IT技術に対応できると、広告代理店で働くうえで大きなアドバンテージになるはず。

リスティング広告やホームページ制作などについてはよく勉強しておくのがおすすめです!

 

コピーライティング、デザイン、ディレクションなどのスキル!

 

広告代理店に入るにあたって、コピーライティング、デザイン、ディレクションなどのスキルがあると役立ちます。

広告にかかわる仕事なので、ある程度はクリエイティブを作るセンスが必要なんですね。

 

このように聞くと、「営業部門やプロモーション部門ならそんなスキルは要らないんじゃないの? 」と考える人もいるでしょう。

ですが、クリエイティブ部門以外の部署であっても、やはりスキルがあるほうが有利です。

 

たとえば、クリエイティブについて深く理解していると、クライアントや別部署の人から信頼されたり頼られやすくなったりします。

まったくクリエイティブの善し悪しがわからない人より、連携が取りやすいですからね。

 

したがって、広告代理店を目指している人は、コピーライティングをはじめ広告制作にかかわるスキルを磨くのがおすすめです!

 

ブログ運営の経験があると有利?副業でブログを始めるのもおすすめ!

 

ブログ運営の経験があると、広告代理店で活躍しやすいといえるでしょう。

なぜなら、ブログ運営を通して、広告代理店の仕事で役立つさまざまなスキルを身につけられるから。

 

ブログ運営で磨かれるスキルとしては、たとえば以下のようなものが挙げられます。

 

  • ライティング
  • SEO
  • マーケティング
  • データ分析
  • ホームページ制作

 

これらのスキルは、広告代理店の仕事に直接活かせるものも多いです。

例を挙げると、広告代理店にはマーケティング部門があるので、ブログで培ったマーケティングスキルは大いに役立つでしょう。

 

また、広告運用を行ううえで、広告効果の分析は必須の業務です。

そんなときも、ブログで得たデータ分析の経験を活用すれば、スムーズに業務を進められるはず。

 

このように、ブログ運営の経験があると、仕事で活躍できる可能性が高まります。

広告代理店への就職・転職時のアピールにも使えるので、副業を始めるならブログ運営に挑戦してみてください!

 

まとめ

広告代理店に向いてる人とは?仕事内容はきつい?活かせる経験をご紹介!

 

今回は、広告代理店に向いてる人の特徴、そして広告代理店の仕事に活かせる経験についてお話ししました。

就活・転職において人気が高い企業の一つである「広告代理店」。

 

広告代理店の仕事内容を考慮すると、向いてる・活躍できる可能性が高いのは以下のような特徴を持つ人でしょう。

 

  • 幅広い人間関係を作るのが得意な人
  • 個人よりチームプレイが得意な人
  • 世の中の動きやトレンドに敏感な人

 

上記の特徴に該当する人は、興味があれば広告代理店の仕事に挑戦するのもおすすめです。

さらに今回は、広告代理店で仕事をするために活かせる経験や、身につけるべきスキルについても詳しくご紹介しました。

 

こちらも参考にして、広告代理店から求められる人材を目指してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。