働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

 

「働きたくないと思うのはおかしいことなの?働かなくても生きていける方法を知りたい!」

 

一般的に、「働きたくないのはおかしい」「働かないで生きていく方法なんて存在しない」などと思われがち。

ですが、働きたくないと思うのはおかしいことではなく、働かないで生きていく方法もいくつか存在するんです。

 

  • 働きたくないと思うのはおかしいこと?
  • 働きたくない人はどうすればいい?
  • 働かなくても生きていける方法はある?

などについて知っておけば、汗水流して働く以外の選択もできるようになります。

 

そこで今回は、『働きたくないと思うのはおかしいことなのか』や『働かないで生きていく方法』についてご説明していきます。

また、『働かなくても生きていくためのおすすめスキル』もご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

働きたくないのはおかしい?働きたくないのは1ミリもおかしくない話

働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

 

サラリーマンとして毎日一生懸命仕事をしているけど、「正直働きたくない」と思っている人は多いはず。

中には、「働きたくないと思うのはおかしいこと」と思い込んで、働きたくないのに必死で仕事をしている人もいるでしょう。

 

しかし「働きたくないと思うこと」は、1ミリもおかしいことではありません。

その理由について、以下で詳しくご説明していきます!

 

働きたくないのはおかしくない!今の労働環境は現代人にとって異常?

 

「働きたくない」と思うのは決しておかしいことではありません。

石器時代に生きていた原始人は、週に2日ほどしか働いてないのです。

 

それに比べて、現代の労働環境の多くは、

 

  • 週5日勤務
  • 1日8時間働く
  • 毎日早起きする
  • 毎日満員電車に揺られて通勤する
  • 残業が当たり前

 

といった労働環境がほとんど。

石器時代に比べると、現代の労働環境はとても過酷といえますよね。

 

こられの過酷な労働が当たり前になっている日本は、歴史的・世界的にみても異常なんです。

 

働きたくないのは甘えじゃない!汗水流して働く時代は終わった?

 

「働きたくないのは甘え」「汗水流して働くのが正しい」と思っている人もいるかもしれませんが、実際にそんなことはありません。

「汗水流して働く」という言葉は「自分の労力と時間を犠牲にして稼ぐ」ということ。

 

例えば、「1日の労働時間が16時間で休日がなし」だとしましょう。

この場合、月に稼げる金額は50万程度が限度ですよね。

 

このように、汗水流して働くことには必ず限界が訪れるんです。

そのため、労力や時間を使って働くのではなく、スキルを身につけて短時間で効率的に稼ぐことをおすすめします。

 

汗水流して働いていたときの時間を、スキルや知恵を使うことに集中すれば、短時間で高収入を得られますよ。

 

働きたくないと思ったらチャンス?個人で生きる道を探すのもアリ!

 

働きたくないと思ったら、ある意味現状を抜け出すチャンスと言えます。

思い切って、個人で生きる道を探してみましょう。

 

現代では、フリーランスで独立して、個人で生きていく道はたくさんあります。

個人で生きる方法として、おすすめの仕事は以下の通りです。

 

Webエンジニア

 

Webエンジニアは、プログラミング技術を使って、企業が抱えている課題を解決する仕事です。

具体的には、「Java」「PHP」「Ruby」などのプログラミング言語を用いて、アプリケーションやシステムなどの制作を行います。

 

パソコンとネット環境さえあれば仕事ができるので、個人で働くのにおすすめです。

ただし、スキルの習得には時間がかかるため、すぐに独立するのは難しいでしょう。

 

Webライター

 

Webライターは、ネット上にあるコンテンツの文章を執筆する仕事です。

現代では、多くの企業がWebの分野に進出しており、Webライターの需要が高まっています。

 

WebライターもWebエンジニアと同様に、パソコンとネット環境さえあれば、一人で仕事ができますよ。

初心者で特別なスキルがなくても始められるのも魅力です。

 

ただし、最初は単価が低いので、少しずつ実績を重ねて報酬アップを目指していきましょう!

 

せどり

 

せどりは、「実店舗やネットショップで売っている商品を購入 → それをインターネット上で高く売って、差額の利益を得る」というビジネスです。

例えば、100円ショップで売られている商品が、Amazonやメルカリだと500〜1000円で販売されていることがあります。

 

このような商品の価格差をリサーチして、転売することで利益が得られるんです。

商品を仕入れたり販売したりするのは個人でもでき、今すぐに始められますよ。

 

働きたくないなら死ぬしかない?働きたくない本当の理由を知ることが大切

働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

 

中には「働きたくないなら死ぬしかない……」と思われる人もいるかもしれません。

しかし、そんなことは一切ないの安心してください。

 

働きたくない場合は、「働きたくない本当の理由」を知ることが大切なんです。

以下、詳しくご説明しますので、さっそく見ていきましょう!

 

まずはしっかり休養をとって「働きたくない本当の理由」を考えよう

 

「働きたくない」と感じる理由は人によって異なります。

まずは、しっかり休養をとって「働きたくない本当の理由はなんなのか?」を考えてみましょう。

 

以下、働きたくないと思ってしまう主な理由です。

 

  • 人間関係がうまくいかない
  • 給料が低い
  • 仕事内容が合わない
  • 職場の環境が合わない
  • 時間に縛られたくない
  • お金を稼ぎたいと思わない
  • 働く意味がわからない

 

このように働きたくない本当の理由を知ることで、次のステップに進みやすくなります。

 

仕事が楽しくない、職場環境に問題がある?転職を検討しよう

 

働きたくない理由が「仕事が楽しくない」「職場環境に問題がある」という場合は、転職を検討するのも一つの手段です。

このような状態で仕事を続けていると、さらに状況が悪化する可能性もあります。

 

思い切って転職を視野に入れてみましょう。

また、同じ職場でも部署移動や転勤によって職場環境を変えてみることもおすすめです。

 

職場の上司に相談してみてください。

 

働きたくないのはとにかく人と関わりたくない?ひとり起業を検討する

 

働きたくない理由が「とにかく人と関わりたくないから」という人もいるはず。

このような人は、個人でも働ける「一人起業」を検討してみましょう。

 

起業というと、「リスクがある」「お金がかかる」というイメージがあるかもしれません。

しかし、現代ではインターネットの発達により、個人による起業がとても簡単になりました。

 

学歴や特別なスキルがなくてもすぐに起業ができるんです。

以下に、一人起業のおすすめのビジネスを2つ紹介します。

 

コンテンツ販売

 

コンテンツ販売とは、自分の持っているスキルや知恵、ノウハウなどをネット上で販売するビジネスです。

例えば、恋愛で告白した際に振られたことがない場合、「フラれない告白の仕方」を有料で販売できます。

 

このように、自分の持っている知識を販売することで、費用をかけずに収益化を測れるんです。

 

コンサルタント

 

コンサルタントは、自分の「得意分野」や「持っている知識」を人に教えるビジネスです。

コンテンツ販売と同じく、すでに持っている知識やノウハウがあれば、すぐにスタートできます。

 

例えば、英語が得意で留学経験があるなら、「英語を習得するまでサポートする」という仕事がコスト0でできますよ。

 

働きたくない人はどうすればいい?働かないで生きていく方法!

働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

 

では、働きたくない人はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、「働かなくても生きていける方法」についてご紹介します。

 

以下の3つを参考にして、自分に合った方法を取り入れてみましょう!

 

働きたくないなら生活保護を受ける!今後のことは後で考えればOK

 

働きたくないなら生活保護を受けるのも一つの手段です。

生活保護とは、厚生労働省による「生活に苦しんでいる人を援助する制度」。

 

生活保護には8種類ありますが、働きたくない人が受給できるのは「生活扶助」と「住宅扶助」です。

2つの特徴については以下の通り。

 

  • 生活扶助 → 生活費の扶助
  • 住宅扶助 → 家賃などの住宅費の扶助

 

これらの生活保護を受けられれば、生きていく上で必要最低限の暮らしができます。

働きたくないと思ったら、生活保護の受給を検討してみてはいかがでしょうか。

 

今後のことは、とりあえず生活保護を受けてから考えれば問題ありません。

 

時間をかけて働かないで生きていけるスキルを身につける!

 

働きたくない場合は、「時間をかけて働かずに生きていけるスキル」を身につけるのもおすすめです。

このスキルを身につければ、短時間で大きな報酬を得たり、自動収入が入ってくる仕組みも作れます。

 

働かないで生きていけるスキルとしておすすめなのが、Youtuberのスキルです。

Youtuberは、自分の好きなことを動画にして、情報発信をするビジネス。

 

情報発信のテーマによっては、自宅にいながら撮影→編集→公開まで完結できます。

チャンネル登録者が一定に達すると、投稿動画に企業の広告が掲載でき、働いている感覚なしで広告収入が得られますよ。

 

表現力や企画力、動画編集スキルなどのさまざまなスキルが必要になりますが、投稿した動画が再生され続ければ、寝てても収入が入ってくるんです。

 

ブログのスキルがあれば働かないで生きていくことも夢じゃない!

 

働かないで生きていく方法として、ブログ運営もおすすめです。

ブログ運営でうまくいけば、毎月何もしなくても収益が入ってくる仕組みを作れます。

 

ブログで収益化する方法として、おすすめなのがアフィリエイトです。

アフィリエイトは、以下のステップで収益化を図れます。

 

  1. 自分のブログに企業の広告を載せる
  2. ブログ観覧者が広告を見て商品やサービスを購入する
  3. 報酬が手に入る

 

GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示される記事を書ければ、自分が何もしなくても多くの人にブログを見てもらえます。

ブログを見てくれた人に向けて、企業の商品やサービスを販売するんです。

 

そこで発生した売上の一部が報酬として手に入るので、仕組みさえ作れば働かなくても稼げますよ。

 

まとめ

働きたくないのはおかしい?死ぬしかない?働かないで生きていく方法!

 

この記事では、『働きたくないと思うのはおかしいことなのか』や『働かないで生きていく方法』について解説しました。

サラリーマンとして汗水垂らして働く以外にも、働かないで生きていく方法はたくさんありましたね。

 

今回紹介した方法の中から、自分に合った方法を試してみてはいかがでしょうか。

もし、コンテンツ販売やYoutubeを始めるハードルが高ければ、『ブログ』からスタートするのがおすすめです。

 

低コストですぐに始められて、うまくいけば毎月自動で収入が得られる仕組みを作れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。