ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

 

「ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われている理由って何だろう?辞める判断材料にするために知りたい!」

 

保険の窓口を辞めたいと思っても、すぐに行動に移すのは躊躇するもの。

本当に辞めていいのかを判断するために、ノルマがないのにやばいと言われている理由などを把握しておきたいところですよね。

 

  • ノルマがないのにやばいと言われる理由は何か?
  • 退職理由はどんなものがあるのか?
  • 揉めずに辞めるにはどうすればいいのか?

などについて知れば、辞めるためのヒントを得られるはずです。

 

そこで今回は『ほけんの窓口がやばいと言われる理由』について紹介しつつ、『退職理由や上手に辞めるコツ』についてもお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてください!

 

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばい?退職理由をご紹介!

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

 

ほけんの窓口がノルマはないのにやばいと言われる理由はなんでしょうか。

ここでは、なぜほけんの窓口がやばいのか、退職理由とあわせてご紹介していきます!

 

退職理由①:手取りが少ない!仕事が多くて収入と見合ってないから?

ほけんの窓口を退職する理由の一つとして『手取りが少ないから』が挙げられます。

具体的には、単純に手取りが少ないだけでなく「仕事量と給料が見合わない」と感じて退職する人がいるようです。

ほけんの窓口は複数社の保険を取り扱っているため覚えることが多く、業務量も膨大にりがち。

加えて、責任の重い「個人情報の管理」までしなければならないので、質・量ともに仕事の負担が大きくなってしまいやすいんです。

 

さらに、最近では自動車保険や火災保険の更新手続きの業務も増えています。

このように、保険の窓口の仕事はとても大変ではありますが、基本給が決まっているのでどんなに頑張っても給料は上がりません。

 

なので、「仕事が多い割に手取りが少ない」「仕事量と給料が見合ってない」という理由でほけんの窓口を退職する人が多いんです!

退職理由②:コロナの影響で来店型保険ショップの面談が難しいから?

『コロナの影響で来店型保険ショップの面談が難しいから』というのも、ほけんの窓口を退職する理由の一つです。

保険の窓口は店舗の売上でボーナスが決まるので、ショップへの来客が減ると収入の減少に直結してしまいます。

 

結果、収入が減ることに不満を感じて退職してしまうんですね。

コロナの影響は自分でどうにかできる問題ではないし、この先の予測もむずかしいので、「だったら別の仕事をしたほうが……」という背景もあるでしょう。

 

だから、「コロナの影響で来店型保険ショップの面談が難しいから」という理由で退職する人がいるんですね!

 

退職理由③:キャリアアップが見込めなくて将来に不安を感じるから?

ほけんの窓口の退職理由として「キャリアアップが見込めなくて将来に不安を感じるから」というのも挙げられるでしょう。

一般的に保険の営業は、他の職種でも活かせそうな知識やスキルを習得しにくいと言われています。

 

なので、もし将来的に保険の仕事を辞めないといけなくなった場合、転職や就職で不利になるのではないかと不安に感じてしまう人が多いんですね。

仕事を通して保険商品を営業するスキルは身につきますが、たしかにそれ以外のキャリアアップは難しいかもしれません。

 

そのため、現状に物足りなさや将来への不安を感じ退職してしまうのでしょう!

ほけんの窓口を辞めたいなら?波風立てずに上手に辞めるコツを解説!

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

 

退職を決めたら、できるだけ波風立てず上手に辞めたいもの。

そんなときは、これからご紹介する『上手に辞めるコツ』を意識して円満退社を目指しましょう!

強い意志が大切!引き止めに応じてもキャリアップに悪影響がある?

まずは、退職を決めたら強い意志を持ち、引き止めに応じないのが上手に辞めるコツです。

引き止めに応じると、以下のようなデメリットも出てきます。

 

  • 一度退職を申し出た社員に会社は活躍の場を用意しづらい
  • 条件のいい転職先が見つかっていた場合、機会損失になる
  • やっぱり辞めたい、と思った時に言い出しづらくなる

一度退職を申し出ると、「また辞めると言い出すかもしれない」と思われ、重要な仕事は回ってこなくなるでしょう。

そうなると、ほけんの窓口では今以上のキャリアアップが見込めません。

残ったものの重要な仕事は任せてもらえず、「あの時、引き止めに応じなければ良かった」と後悔する可能性が高いと言えます。

加えて、再び退職を申し出るのは一度引き止めに応じている手前、なかなか言いにくいものです。

結果、ずるずるほけんの窓口で働き続けている……なんてことにもなりかねません。

退職を決めたら引き止めに応じるリスクを理解し、「何を言われても辞める!」と強い意志を貫くことが大切です!

転職先を決めてから退職する方がスムーズで安心!

転職先を見つけてから退職する方が色々とスムーズに進みますし、安心です!

次が決まっていない状態で退職を申し出ると、会社側から「このまま辞めたら生活が大変だぞ」と、引き止められる可能性が高いでしょう。

 

そう言われて辞めるのを躊躇してしまうと、また振り出しに戻ってしまいます。

でも、転職先が決まっていればお金の心配もありませんし、会社側も引き止めにくくなるはずです。

 

以上の理由から、退職するときは転職先を決めてからにするのが、上手に辞めるコツと言えます!

 

副業などで副収入を得てから退職するのもおすすめ!

副業などで副収入を得られるようになってから退職するのも、上手に辞めるコツです。

辞めるのを躊躇してしまう最大の理由が「収入的な不安」なので、それを潰しておけば一気に退職しやすくなります。

また、副業を通してほけんの窓口では身につかないスキルの習得も望めるでしょう。

たとえばネット副業で収入を得られるようになれば、今後も需要が伸び続けるITやWeb系の知識が身についているはずです。

 

そうすれば、転職活動にも有利になりますよね!

ほけんの窓口を辞めたい人へ!スキルを活かした働き方をしたいなら?

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

 

ほけんの窓口を辞めたい一方で、「せっかくだから身につけたスキルを活かして働きたい!」と思うこともあるでしょう。

そこでここでは、『ほけんの窓口で身につけたスキルを活かせる仕事や働き方』をご紹介していきます!

営業職への転職!未経験でも転職できる営業会社はたくさんある!

保険の窓口で得たスキルを活かした働き方をしたいなら、『営業職への転職』がおすすめです。

これまでの経験を活かせる、別の業界の営業職に目を向けてみましょう。

ほけんの窓口で身につけたスキルがあれば、未経験でも転職できる営業会社はたくさんあるんです!

ということで、以下におすすめの営業職をいくつかピックアップしてみました。

■金融営業

 

金融営業は保険営業で求められるスキルに違いはありますが、基本は同じです。

そのため、保険営業で学んだ知識を活かせます。

また、金融営業の平均年収は440万円と言われています。

一方、営業職の平均年収は415万円なので、金融営業は年収が高めなんですね。

培ったスキルが活かせて、年収アップが見込めるので金融営業への転職は大いにアリな選択です!

■広告代理店(広告営業)

 

広告代理店とは、企業の代わりに商品やサービスを販促したりブランディングを強めたりして、売上を作るビジネスモデルのことです。

「顧客のニーズに合わせて商品・サービスを提案する」というところは、保険営業と変わりません。

 

なので、保険営業の仕事で培ったスキルを活かして働けるはずです。

ちなみに、広告代理店に転職すると大手企業の商品・サービスの販促やブランディングに関われるチャンスもあります。

 

■教育商材の営業

 

教育商材とは、「英語・フランス語などの語学教材」や、「ライティング・デザインなどのスキルアップ講座」など、教育を目的とした商品のことです。

教育方法によって商材の形が変わるので、高度な営業スキルが求められる仕事です。

 

保険営業で培ったスキルを活かすだけでなく、より高度な営業スキルを身につけたい人にピッタリと言えます。

ブログなら営業スキルを活かせる!副収入にもおすすめ!

保険営業の仕事を通して得られる以下のようなスキルは、ブログにも活かせるんです!

  • 顧客の状況を捉えニーズに応えるスキル
  • 顧客の課題を見つけるスキル
  • 商品・サービスで得られるメリットを言語化して伝えるスキル

これらの営業スキルを持った状態でブログをスタートさせれば、初心者から始めるよりもはるかに早い段階で収益化できるでしょう。

転職せずに、保険営業の仕事をしながら副収入を得たい方は、ブログを始めるがおすすめです。

また、ブログで上手く収益化できれば、以下ツイートにあるように「ほったらかしで収益が発生」することも可能になります。

 

ブログは、パソコンとネット環境があればすぐに始められます。

初期費用と維持費を合わせても年間1万円ほどなので金銭的な負担ないのも魅力です。

 

加えて、ブログの運営を通してITやWeb系の知識・スキル身につけられます!

 

まとめ

ほけんの窓口を辞めたい!ノルマはないのにやばいと言われる理由とは?

 

今回は『ほけんの窓口がやばいと言われる理由』について紹介しつつ、『退職理由や上手に辞めるコツ』などについてもお伝えしました。

退職理由の中には思い当たるものがあり、不安を感じた方もいたのではないでしょうか。

もし退職を決断したら、まずは転職先を見つけ、引き止められても応じずに辞めるという「強い意志」を持っておくことが大切です。

転職先の見つけ方に困ったら、今回ご紹介した「営業スキルを活かせる仕事」から探してみてください。

また、退職するにしても転職するにしても、ブログを始めることもおすすめしました。

ブログなら営業のスキルを活かして収益化しやすいので、興味があれば副業から始めてみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。