風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

 

「風の時代は仕事を辞めるときって本当なの?風の時代に適した働き方はどんなものがあるのか知りたい!」

 

風の時代に入ったことで、仕事を辞める人が増えているといいます。

なので「風の時代だとなぜ仕事を辞めるのか」「風の時代にどんな働き方がいいのか」気になる人もいるでしょう。

 

  • 風の時代に仕事を辞める理由は?
  • 風の時代の働き方に特徴はあるのか?
  • 風の時代はどういう仕事をしたらいいのか?

など、風の時代と仕事の関係について知りたいことは多いはず。

 

そこで今回は「風の時代に仕事を辞める理由」について紹介しつつ「風の時代の働き方」について解説します。

風の時代ならではの仕事についても触れていきますので、さっそく見ていきましょう!

 

風の時代の到来!仕事を辞める人が増えている理由とは?

風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

 

風の時代に変わってから、仕事を辞める人が増えているのはなぜなのでしょうか。

ここでは「風の時代に仕事を辞める人が増えている理由」について解説していきます。

 

風の時代で仕事を辞める人が増えている!理由は価値観の変化?

 

風の時代に入ってから仕事を辞める人が増えているのは、今までと価値観が変わったからなんです。

以下に、風の時代の価値観について重要視されている一例を挙げてみました。

 

  • 個人の能力を活かす
  • 心の喜び、充足感
  • 人と助け合う、協力し合う

 

このように風の時代の仕事は、枠にとらわれない斬新なアイデアを生み出したり、内面的欲求が満たされたりすることに価値があります。

そして、できないことはみんなで協力して助け合うのも、風の時代における仕事のあり方の特徴です。

 

今までは、常識や既成概念のもとに仕事をするのが当たり前なので、なかなか個人として能力を発揮しづらいところがありました。

またイヤな仕事でも「自分が頑張る」のが当たり前。

 

耐え抜いた先に成功があり、地位を上げていくことで安定した給料や終身雇用も見込めたのです。

ところが風の時代は真逆の価値観を持ちます。

 

これにより、自分の仕事に違和感を持つ人が出てきたため、辞める人が増えたと言えるでしょう。

 

風の時代になって働き方も変わる?個人で生き抜く力も大切!

 

風の時代の価値観に変わると、それに伴い働き方も変化し「個人で生き抜く力」が大切になってきます。

個人の生き抜く力がモノをいう働き方のひとつがフリーランス。

 

フリーランスは特定の企業に属さず、一度きりの仕事に対して契約を結ぶ独立した働き方です。

なので個人で生き抜く力として以下のような能力が必要になるんですね。

 

  • 自己管理能力
  • 個性を活かす
  • 技術やスキルを活かす
  • 柔軟性・融通性

 

今までは組織に属した働き方が主流だったため、制度に従って働くのが当たり前でした。

フリーランスは誰からも指示は来ないので、全ての計画や行動を自分で決める必要があります。

 

また他にはない自分の強みや個性、培ってきたスキルを活かす能力も必要です。

トラブルやアクシデントなど、その場の対応を瞬時にしなければならないこともでてくるので、柔軟性や融通性も身に付けておきましょう。

 

今、仕事を辞めるべきか迷っているなら見つめ直すチャンス!

 

以上のような理由から、今仕事を辞めるべきか迷っている人は、見つめ直す最大のチャンスが来たと言えるでしょう。

大切なのは「自分がどうしたいのか」ということ。

 

そのために、肩書きや学歴をとって自分に一体何が残るのか、掘り下げて本当にやりたいことを探ってみてください。

自分自身の「得意」や「好き」をハッキリさせることが大切です。

 

そして答えが出た時点で、今の仕事でも自分を活かせそうなら、無理に辞める必要はありません。

むしろ活かせることでもっと面白くなる可能性も。

 

逆に「物足りなさ」や「もっとできることがある」など他に意欲的になれることがあるなら、決断してみてもよいでしょう。

自分自身を見つめ直すには絶好のチャンスですよ!

 

風の時代に仕事を辞める前に!生き残れる人の特徴は頑張らない人?

風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

 

仕事を辞めるか決断する前に、「どんな人が生き残れるのか」知っておきたいですよね。

風の時代に生き残れるのは「頑張らない人」だと言われていますが、具体的にどういうことなのか、以下で見ていきましょう。

 

注意!風の時代は働かなくていい?頑張らない方がいいの?

 

注意して欲しいのは「頑張らない人」=「働かなくていい人」という意味ではありません。

いくら風の時代だからといっても働かなければ生活が成り立たないし、それではただの怠惰になってしまいます。

 

あくまで「必要以上に頑張って働かなくていい」ということなんですね。

今までは「耐える」ことや「我慢する」ことが当たり前だったため、心や体を壊してしまう人もいました。

 

これでは仕事どころか何もできなくなってしまいます。

なので自分の心にウソをついて、合わないと感じていながらも苦しんで働き続けなくていいんです。

 

つまり頑張らない方がいいという意味は、「手を抜く」のではありません。

仕事はどんなものでもいいことばかりではないので、改善するための努力は怠らないようにしましょう。

 

そして、困った時は相談するなどして、頑張りすぎないようにしてください。

 

風の時代に生き残れる人とは?興味のあることにチャレンジしよう

 

風の時代に入ってから、嫌なことだけど食べるために「無理して頑張る」時代は終わりました。

これからは自分らしく生きるために、やりたいことをやる時代です。

 

なので風の時代を生き残れる人とは、興味があることにチャレンジできる人と言えます。

とはいえ失敗が怖かったり、勇気が出なかったりして興味があったとしても挑戦できない人は多いでしょう。

 

また本業が忙しいという場合も。

ですが一歩を踏み出してみると、応援してくれる人や新しい出会いもあり、思っていた以上に楽しい世界が待っているかもしれません。

 

もし興味があることに取り組めないままでいるならもったいないです。

生活のために頑張るのではなく、自分らしく生きるために「全力で頑張ってもいい」のではないでしょうか。

 

風の時代に仕事を辞めるなら?風の時代の適した仕事を徹底解説!

風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

 

せっかく仕事を辞めるなら、次は風の時代にあったものを選びたいですよね。

そこでここでは、風の時代に適した仕事について徹底解説していきます。

 

仕事の多様性が受け入れられる時代?複数の収入源が主流に!

 

企業に属してさえいれば安定した収入が得られるわけではない今、仕事の多様性が受け入れられる時代になっています。

それにより複数の収入源を持つことが主流になってきました。

 

本業のスキマ時間を利用して収入を得る副業のほか、別の業種をかけもちする「複業や兼業」があります。

複業・兼業はスキマ時間を利用するのではなく、本業と同等の比重を置く仕事です。

 

いきなり複業は難しいと思うので、まずは本業以外で使える時間を仕事に充てるところからスタートしてみると良いでしょう。

すでに事業としてアイデアがある人は、本業と並行してもよいかもしれません。

 

ただし、最初から手広く始めると失敗する可能性もあるので、こちらもスキマ時間を使って始めてみて、手応えがあれば複業・兼業にしてもいいですね。

 

風の時代に適した働き方は、場所にとらわれない仕事?

 

風の時代に適した働き方は、場所にとらわれず、自分が好きな場所を選んでできる仕事がおすすめです。

なぜなら、風の時代は「自由」や「移動」に価値を置くから。

 

なので決められた職場に通うのではなく、自分が好きな場所で働くのが風の時代にあっているんですね。

場所にとらわれない仕事の代表的なものがパソコンを使ったもの。

 

ネット環境さえ整っていれば国内外問わず、好きな場所でできるので自由度が高いといえます。

なかでもWebライターは、初心者でも比較的取り組みやすいです。

 

最初はクラウドワークスなどで依頼されている案件を受注し、低単価なものから始めてみると良いでしょう。

また体力に自信がある人は、肉体労働系もあります。

 

トラックの配送ドライバーは、配送地域がさまざまなので場所にとらわれることなく働けるでしょう。

特に長距離配送ドライバーや特殊貨物などの資格があると高収入が見込めます。

 

風の時代に適した働き方は、一人でも自己実現できる仕事?

 

風の時代は「個性を活かす」ことに価値があるとされています。

なので一人でも自己実現できる仕事をすることが、風の時代に適した働き方と言えるんですね。

 

自己実現は、本来持っている強みや可能性を活かして、自分の気持ちに正直に生きることで幸福感を得られます。

これは人それぞれ違うので「自己実現が可能な仕事」も異なってきます。

 

たとえば「創作することに喜びを感じる」という人は、グラフィックデザイナーやイラストレーターがおすすめ。

このように、すでに自分がやりたいことがハッキリしているなら、思い切って仕事を変えてみるとよいかもしれません。

 

「自分らしく生きること」をメインに考えると自己実現可能な仕事に出会えるでしょう。

 

まとめ

風の時代は仕事を辞めるとき?風の時代に適した働き方をご紹介!

 

今回は「風の時代に仕事を辞める理由」について紹介しました。

風の時代における仕事の価値観は、お金のような物質的豊かさを求めず、内面的な充実を大切にしています。

 

なのでそれらが満たされないと感じる傾向が強いので、仕事を辞める人が増えているんですね。

それにともない、働き方も個人の生き抜く力が求められるように変化しました。

 

風の時代に生き残れる人は、生活のために頑張って働くのではなく、興味があることにチャレンジして自分らしさを大切にするタイプです。

最後に風の時代に適した仕事について紹介しました。

 

仕事の多様性が珍しくない風の時代だからこそ、自分を活かせるものを見つけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。