人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

 

「人生のついてない時期の有意義な過ごし方を知りたい!」

 

長い人生には「最近ついてないな」と感じる時もあるでしょう。

そんなときは「どうやって過ごしたらいいのか」と、時間の使い方に悩んでしまうものです。

 

  • ついてない時期はどうやって過ごせばいいのか?
  • 有意義な時間の過ごし方はあるのか?
  • 悪運を断ち切るにはどうすればいいのか?

などについて把握しておきたいところですよね。

 

そこで今回は「人生のついてない時期の有意義な過ごし方」について解説していきます。

悪運の断ち切り方も紹介していくので、参考にしてください!

 

人生についてない時期の有意義な過ごし方は?考え方や注意点を解説!

人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

 

「いいことばかりが続くはずはない」とわかっていても、やはり「ついてない時期」はつらいもの。

こんな時期はどのように過ごしたらいいのでしょうか。

 

またついてない時期についやってしまう気をつけた方がいい考え方も知りたいですよね。

そこでここでは「人生についてない時期の有意義な過ごし方」と過ごすうえでの「考え方や注意点」について解説します!

 

人生についてない時期はどうやって過ごしたらいい?静止の時期なの?

 

人生についてない時期は、自分を見つめ直すチャンスなので、アクティブに活動せず静止するのが良いとされています。

でもこれは「何もしなくていい」という意味ではありません。

 

じっくり自分自身と向き合うために、普段の思考や行動を振り返って、より良く生きるためのセルフ作戦会議をするんです。

たとえば自分の健康について特に気にしていなかった人は、体調管理に徹底し運動や食事を見直してみましょう。

 

多忙で睡眠が足りていない人は、この際しっかり眠るための時間を確保するのもよいですね。

心身を整えるのは、ついてない時期を乗り越えるうえでも重要です。

 

またついてない時期は、心がふさぎがちになり注意力散漫になることも。

事故に遭ったりトラブルに巻き込まれたりしないためにも、いつもより控えめに行動するよう心がけましょう。

 

今はじっくり「自分と向き合う時期なんだ」と理解して、日々の生活に集中してみてください。

今まで気付かなかった、あるいは見えていなかったものが見えてくるかもしれません。

 

人生についてない時の暗くならない考え方は?注意点を解説!

 

ついてない時は、なにかと気分が沈みがちになり、ネガティブに物事を考えてしまうんです。

でもこれが「ついてない時期を加速させてしまう」原因になりかねないので、暗くならない考え方を持つ必要があります。

 

そんなときに「しないほうがいい考え方」がひとつ。

それは、「暗くならないようにしなくてはいけない」「早くついてない時期を抜けたい」と焦って無理やりポジティブに考えることです。

 

なぜなら、無理やりポジティブな考え方をすると心がついていけず、状況がさらに悪化することもあるから。

まずはしっかりと「ついてない時期にいる自分」を受け止めましょう。

 

また焦ったり不安になったりする原因は、「ついてない時期が本当に終わるのか」先行きがわからないからなんです。

しかし、この先ずっと今の状況が続くわけではありません。

 

ついてる時期とついてない時期にはリズムがあり、交互にやってくるので心配いらないんです。

自分がついてない時期にいることをしっかり認識した上で、「次に来るのはついてる時期だ」と考えると暗くならずに済みます。

 

人生がついてない時期の対処法は?悪運の断ち切り方を徹底解説!

人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

 

有意義な時間の過ごし方や注意点がわかったところで、このまま「ついてない時期がいつまで続くのか」気になりますね。

いっそのこと自分で悪運を断ち切りたいところ。

 

というわけでここでは「人生がついてない時期の対処法」として「悪運の断ち切り方」を徹底解説します!

 

ついてない・運が悪そうな人の近くに行かない

 

「下を向きがち」「猫背気味で姿勢が悪い」など、ついてなさそうな雰囲気が漂う人は避けた方が無難です。

一緒にいる時間が長いと「言動・行動」が似てしまいます。

 

あからさまに無視をするのではなく、あくまで積極的な関わりを持たないようにするくらいで大丈夫ですよ。

 

感謝の気持ちを伝える

 

何気ないことにでも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみましょう。

自分のために何かしてくれたことに対して、つい「すみません」と口にしていませんか。

 

まずは「ありがとう」と伝えることを意識して、人に対してだけでなく自分にも言ってみてください。

感謝の気持ちは伝えた本人も、言われた周りの人も良い運気に包まれるので、悪運を吹っ飛ばすステキな方法なんです。

 

断捨離

 

停滞している悪い運気は、流し出していきましょう。

大切なのは、ただ物を捨てたり人との縁を切ったりするのではなく、自分に必要なものだけを残して処分すること。

 

身辺整理をすることで、自分が安らぐ場所も心もスッキリします。

 

お守りを身につける

 

やれることはやってみたけど、何かひと押し欲しい人は、お守りや悪運を断ち切るパワーストーンを身に付けても良いでしょう。

お守りなら「無病息災」「家内安全」など、パワーストーンなら黒水晶が代表的。

 

アクセサリー感覚で身に付けられるパワーストーンだと、オシャレもできて一石二鳥ですね。

 

ついてない時期を活かす方法はある?運気が上がる前兆のサインも解説!

人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

 

運の悪さをじっと耐えているのではなく、ここは逆に「ついてない時期を活かす」ことに時間を使いましょう。

さらに「ついてない時期が終わる!」と感じられるサインがあるとより元気になれますよね。

 

そこでここでは「ついてない時期を活かす方法」と「運気が上がる前兆のサイン」について解説します!

 

ついてない時期を活かすにはどうすればいい?

 

「ついてないな」と感じた時期にそのまま憂鬱な気分で過ごすだけではもったいないです。

なぜならこの時期を活かせれば幸運体質になれるチャンスがあるから。

 

そこでついてない時期にぜひやっていただきたいのが「自分磨き」なんです。

以下でおすすめの自分磨きをいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

 

資格を取得する

 

仕事に活かせたり、以前から気になっていたりする資格は、ぜひチャレンジしてみましょう。

勉強の末にみごと資格が取得できた時は、より仕事にやりがいを感じられ、収入にも好影響があるかもしれません。

 

習い事を始める

 

ずっとやってみたかった習い事や、筋トレで肉体改造なども良い効果をもたらします。

できなかったことができるようになったり、夢中になれたりするものがあると楽しいものです。

 

また体を鍛えると、見た目にも変化が現れて自信がもてるようになりますね。

 

読書をする

 

読書と言っても難しい本を読まなくていいんです。

人気マンガや、過去に読んだことはあるけど大好きで手離せない一冊などなんでもアリ。

 

好きな芸能人のブログもいいですね。

さまざまな思考や生き方を知ることで、ついてない時期にありがちな狭い視野を広げてくれます。

 

このように、ついてない時期を自分磨きに活かすことで「ついてる時期」を迎える準備が整い始めます。

ついてない時期は、パワーアップできる自分磨きのチャンスに活かして楽しんでいきましょう!

 

運気が上がる時は前兆のサインがある?

 

いろいろと「ついてない時期」から抜けるために行動したものの、果たして本当に状況がよい方向にいくのかわからないですよね。

そんな時「運気が上がる前兆のサイン」があればモチベーションも上がります。

 

運気が上がる前兆のサインと言われているのは以下の通り。

 

過度な眠気に見舞われる

 

比較的規則正しい生活をしていて、睡眠時間も十分なのに眠くてたまらない日が続きます。

転換期には、それに耐えうるだけのエネルギーが必要です。

 

運気が上がった時に疲れてしまわないよう、たっぷり休息をとりましょう。

 

ゾロ目を見る

 

車のナンバー、ふと見た瞬間のデジタル時計、ポイントカードの点数など「最近ゾロ目をよく見かける」ようになったら運気が上がるサインかも。

たくさん溢れている数字の中から、ゾロ目を頻繁に見るのは珍しいんです。

 

スピリチュアルでも「エンジェルナンバー」と呼ばれ、幸運のサインとして捉えられています。

 

運が悪い事が続く

 

運気が上がる前のサインが、なんで「悪い事が続く」のか不思議ですよね。

これは「今の自分で本当にいいのか」に気づくために起こると考えられています。

 

前述でも解説した「自分を磨く・見つめ直す」きっかけになっているので、運が上がる前兆のサインと言えるんです。

 

人間関係が変わる

 

職場なら異動があったり、友人関係なら今までいたグループとは違うところと関わったりします。

関わる人が変わると運気も変わるんですよ。

 

新たな人との出会いはそれだけで新鮮なので、このタイミングで運気が上がることも多いです。

 

まとめ

人生のついてない時期の有意義な過ごし方と悪運の断ち切り方を解説!

 

今回は「人生のついてない時期の有意義な過ごし方」について解説しました。

ついてない時期は、立ち止まって自分を見つめ直す意味でも、体調管理をしっかりして心身を整えていく事が大切です。

 

ついてない時期は、ずっと続くわけではありません。

必ずついてる時期もくるので、無理にポジティブをよそおったり、逆にネガティブになりすぎたりしなくていいんです。

 

また悪運の断ち切り方もいくつか紹介しました。

なかでも「ありがとう」を口に出して感謝を伝える方法は、周りにも良い影響を与える分、悪運を断ち切りやすいでしょう。

 

運は考え方や行動の積み重ねでコントロールできると言われています。

一見ついてないと感じる時期でも、実は運気が上がる前兆のサインかもしれないので、焦らず有意義な時間を過ごしてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。