やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

「やめておいた方がいい仕事にはどんな特徴がある?就いてよかった仕事ランキングも知りたい!」

 

就職活動をするにあたり、きつい仕事を避けたいと考える人も多いはず。

しかし、やめておいた方がいい仕事の見分け方がわからず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

  • やめておいた方がいい仕事にはどんな特徴がある?
  • 就いてよかった仕事ランキングを知りたい!
  • ぶっちゃけ楽な仕事がしたい!おすすめの働き方は?

などを知り、「就いて良かった」と思える仕事を選びたいところ。

 

そういうわけで今回は、『やめておいた方がいい仕事の特徴』や『就いてよかった仕事ランキング』についてお伝えしていきます。

楽な仕事がしたい方に向けておすすめの働き方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

やめておいた方がいい仕事の特徴とは?就職はどこがいいかわからない!

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

就職先を選ぶ前に、やめておいた方がいい仕事の特徴を知っておきたいですよね。

そういうわけでここからは、やめておいた方がいい仕事の特徴を3つお伝えしていきます!

 

やめておいた方がいい仕事の特徴①:長時間労働、残業が当たり前

 

1つ目は、「長時間労働や残業が当たり前な仕事」です。

長時間労働や残業が当たり前だと身体を休ませる時間が短くなるので、どんどん疲れが溜まってしまいます。

 

また、自分の時間を作りにくくなるので、遊びや趣味を楽しむ暇がなくなるでしょう。

次第になんのために働いているのかわからなくなり、精神的に追い詰められる可能性もあるんです。

 

このように、長時間労働や残業が当たり前な仕事は、体力的にも精神的にも辛い傾向があるので、やめておくことをおすすめします!

 

やめておいた方がいい仕事の特徴②:肉体労働がメインな仕事

 

2つ目は、「肉体労働がメインな仕事」です。

肉体労働メインの仕事は、重い荷物を運んだり立ちっぱなしだったりするため、かなり体力を消耗します。

 

毎日体に大きな負担をかけるので、その日のうちに疲れを取るのが難しく、どんどん疲労が蓄積されてしまうんです。

疲れが取れない状態で肉体労働を続けた結果、体を壊してしまう人も少なくありません。

 

体力に自信がある人や体を動かすのが好きな人以外は、肉体労働は避けたほうが良いでしょう!

 

やめておいた方がいい仕事の特徴③:衰退傾向にある仕事

 

3つ目は、「衰退傾向にある仕事」です。

「衰退傾向にある仕事=需要が減っている仕事」なので、これから売上をあげていくのが難しい傾向にあります。

 

どんどん売上が減少すれば、コストカットのために給料が減らされてしまうでしょう。

また、「会社のために必死に働け」と言われ、長時間労働が常態化してしまう可能性も考えられます。

 

そのまま状況が好転しなければ倒産に追い込まれ、突然無職になることもあるのです。

このように、衰退傾向にある仕事に就くのはリスクが伴います。

 

ですから、衰退傾向にある仕事を選ぶのはやめておいたほうが良いでしょう!

 

最悪な仕事ランキング!ずばりやめておいた方がいい仕事はコレだ!

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

ここまでで、やめておいたほうがいい仕事の特徴を3つお伝えしました。

これらの特徴を踏まえて、ずばりやめておいたほうが良い仕事はどんなものなのか知りたいですよね。

 

そんな方のために、ここからは最悪な仕事ランキングの上位3つをご紹介していきます!

 

第3位:不動産営業、保険営業!ノルマをクリアしないと大変?

 

第3位は、不動産や保険の営業職です。

営業職にはノルマがあり、その達成のために必死に働かなければなりません。

 

時には契約につなげるため、休日出勤や時間外労働、接待が必要な場面もあるでしょう。

また、「ノルマ達成」と上司からプレッシャーをかけられたり、他の社員の成績と比べられたりすることも。

 

このように営業は、体力的にも精神的にも大きな負担がかかる仕事なんです。

ノルマ達成のために働き詰めになるのが嫌な方や、プレッシャーをかけられるのが苦手な方は、営業職以外の仕事をおすすめします!

 

第2位:介護関係の仕事!生活リズムが崩れやすく、給料も安い?

 

第2位は、介護関係の仕事です。

特に入居型施設に勤める場合、24時間体制で利用者のケアをするため、夜勤が必須になります。

 

夜勤があると生活リズムが崩れやすく、疲れも溜まりやすいので、仕事をしていて「きつい」と感じる場面が多いでしょう。

また、介護業界はもともと人手不足のため、一人ひとりの業務量が多くなりがち。

 

その割に給料が安く割に合わないので、離職率が高い傾向にあるのです。

このように介護関係の仕事は、生活リズムが崩れやすく、労働の割に給料が安いため、避けたほうが良いでしょう!

 

第1位:土木作業員など工事現場の仕事!体力に自信がないときつい?

 

第1位はずばり、土木作業員など工場現場の仕事です。

真夏の猛暑日でも、雨風が強い日でも屋外で作業を続けなければならないので、体力の消耗が激しい傾向にあります。

 

体力に自信がないときついため、仕事を続けるのが難しいでしょう。

また、土木作業員は重い木材や土砂を運んだり、シャベルで穴を掘ったりするのが仕事。

 

そのため肩や腰などに負担がかかりやすく、怪我につながりやすいのです。

なお、工場現場の仕事は体が資本なので、怪我をして働けなくなればその間の収入は途絶えてしまいます。

 

体力的な辛さや、怪我をした際に収入が途絶えるリスクを考えると、工場現場の仕事は辞めておいたほうが良いでしょう!

 

就いてよかった仕事ランキング!ぶっちゃけ楽な仕事ってどれ?

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

ここからは、就いてよかった仕事ランキングの上位3つをご紹介していきます!

 

第3位:地方公務員!安定した給料がもらえる上に福利厚生も充実

 

第3位は、「地方公務員」です。

地方公務員は給料が安定しているだけでなく、福利厚生も充実しています。

 

さらにリストラされるリスクがほとんどないので、安定して働けるでしょう。

また、仕事量がそこまで多くないのも特徴の一つ。

 

残業が続くことも少ないので、比較的休息をとりやすく、体調を崩しにくい傾向にあります。

年功序列のため大幅な給料アップは見込めませんが、自分の時間を確保したい方や安定した仕事に就きたい方におすすめです!

 

第2位:インフラ業界!待遇が良いホワイト企業も多い

 

第2位は、「インフラ業界」です。

インフラとは、水道やガス、電気など社会の基盤を支えるサービスのことを指します。

 

これらは人が生活するうえで不可欠なものなので、景気が悪くても業績が安定しやすい傾向にあります。

そのため、知名度が低くても待遇の良いホワイト企業が多いんです。

 

倒産の危険性も少なく安定した給料をもらえるので、安定した企業に就職したい方にはピッタリでしょう。

なお「待遇の良い企業=有名企業・大手企業」という印象があるため、知名度の低い企業は比較的ライバルが少ない傾向にあります。

 

インフラ業界で就職したいなら、知名度の低い企業を狙うのがおすすめです!

 

第1位:食品業界!長時間労働も少なく就いてよかった声が多い

 

第1位は、「食品業界」です。

食品業界で事業を営むには、原材料の仕入れ費用や工場建設費用など、大量の資金が必要になります。

 

そのため参入障壁が高く、比較的競争が少ない傾向にあるんです。

厳しいノルマを課されたり、長時間労働をしたりすることがないので、苦なく働けるでしょう。

 

また、「食」は人々の生活と密接に関わっており、常に需要があります。

そのため食品業界は景気に左右されにくく、経営が安定している企業が多いんです。

 

労働環境が整っていたり待遇が良かったりするホワイト企業が多いので、「就いて良かった」という声も多くなっています!

 

【番外編】ぶっちゃけ楽な仕事をしたい人へ!ブログもおすすめ?

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

ぶっちゃけ楽な仕事をしたい人は、ブログで稼ぐのもおすすめです。

実際、ブログで稼ぐ人は数多く存在しています。

 

副業で取り組んでいる人もいれば、取り組むうちに本業の収入を超えて、ブログだけで生計を立てている人も少なくありません。

そうなると、場所も時間も選ばずに働けますね。

 

そこまで稼げるようになると、最小限の労力で収益化できるので、働くのが楽になるでしょう。

とはいえ、本業以上の収入を稼ぐのには努力が必須です。

 

ブログを始めたその日から大きな収入につながるわけではないので、コツコツ取り組みを続ける必要があります。

もしかするとなかなか収益化につながらず、苦しいと感じる場面もあるかもしれません。

 

しかし、それでも楽な仕事をしたい人は、ブログに取り組んだほうが良いです。

ブログで収益を得る方法はさまざまあるので、コツコツと育てていけば、何かしらの方法で収益化できる素晴らしい資産になります。

 

なので、時間をかけて努力するだけの価値があるんです。

何よりブログは、未経験からでも始めやすいというメリットがあります。

 

ブログの始め方や月に何十万円を稼ぐノウハウなど、必要な情報はネットで簡単に手に入るので、いますぐに始められるでしょう。

興味のある方は、ぜひ取り組んでみてください!

 

まとめ

やめておいた方がいい仕事とは?就いてよかった仕事ランキングもご紹介!

 

今回は、『やめておいた方がいい仕事の特徴』や『就いてよかった仕事ランキング』についてご紹介しました。

やめておいた方がいい仕事の特徴は、以下の3つです。

 

  • 長御時間労働、残業が当たり前
  • 肉体労働がメイン
  • 衰退傾向にある業界

 

特に工場現場の仕事や介護関係、営業などは長時間労働が多い傾向にあるので、避けたほうが良いでしょう。

なお、『就いて良かった仕事ランキング』は以下の通り。

 

  • 第3位:地方公務員
  • 第2位:インフラ業界
  • 第1位:食品業界

 

どれも長時間労働が少なく経営が安定しているので、楽に働けるでしょう。

また、今回はもっと楽な仕事をしたい方に向けて、ブログで稼ぐ方法もご紹介しました。

 

一朝一夕で稼ぐのは難しいですが、コツコツと続ければ生計を立てられるほどの収入を得ることも可能です。

ブログで稼ぐことも選択肢の一つとして、ぜひ検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。