退職後にゆっくりしたい!仕事辞めてゆっくりしたい時の選択肢とは?

仕事を辞めてゆっくりしたい!注意点や辞めたあとの選択肢は?

 

「仕事を辞めてしばらくゆっくりしたい!仕事を辞めてゆっくり過ごすときの注意点はあるのかな?仕事を辞めたあとの選択肢についても知りたい!」

 

忙しい毎日を送っていると、ふと「仕事を辞めてゆっくりしたいな」と思いますよね。

しかし、実際に仕事を辞めてゆっくりするのはなかなか勇気がいるものです。

 

また、辞めたあとの注意点や選択肢などがよくわからずにいる方も多いのではないでしょうか。

 

  • 仕事を辞めてゆっくりする選択肢はありなのか?
  • 仕事を辞めてゆっくり過ごす際の注意点はあるか?
  • 辞めたあとの選択肢はどんなものがあるか?

などについて把握しておきたいところです。

 

そこで今回は『仕事をやめてゆっくりするのはアリなのか』『仕事を辞めてゆっくり過ごす際の注意点』について紹介していきます。

仕事を辞めたあとの選択肢についてもお伝えするので、ぜひ参考にしてください!

 

仕事を辞めてゆっくりしたい!仕事を辞めるのは悪いことじゃない?

退職後にゆっくりしたい!仕事辞めてゆっくりしたい時の選択肢とは?

 

仕事を辞めてゆっくりしたい気持ちはあるものの、「そう簡単に仕事を辞めてもいいのかな?」と思う方もいるでしょう。

結論から言うと、仕事を辞めるのは悪いことではありません。

 

とはいえ、「なぜ仕事を辞めてもいいのか」がわからないと不安に思ってしまいますよね。

そういうわけでここからは、『仕事を辞めてゆっくりしてもいい』といえる理由について解説していきます!

 

無理をしても仕事の質が下がるだけ!働き方を見直すチャンス?

 

今、無理をして働いているのなら、仕事を続けることはおすすめできません。

なぜなら、無理をして働き続けると体調が悪くなったり、メンタルに不調を起こしたりするからです。

 

そのような状態で無理して働いても、仕事の質は下がる一方ですよね。

すると、思うように働けない自分に嫌気がさしたり、周りから嫌味を言われたりして、ますます仕事が辛くなってしまいます。

 

ですからこういうときは、『働き方を見直すチャンス!』と考えて、思い切ってゆっくりしてみてください。

ゆっくり心と体を休めると頭がクリアになるので、冷静に今後の働き方を見直せるでしょう!

 

仕事を辞めてゆっくりすることで新たな一歩を踏み出せる?

 

仕事を辞めてゆっくりすると、新たな一歩を踏み出せる可能性があります。

実際に、仕事を辞めてゆっくりしたら心身ともに元気になり、新たな一歩を踏み出せたケースはたくさんあるんです。

 

 

このように、仕事を辞めてゆっくりすることは逃げではありません。

ゆっくりすることで新たな一歩を踏み出せるなら、それは自分にとって必要な時間ですよね。

 

ですから、仕事を辞めてゆっくりするのは悪いことではないのです!

 

仕事を辞めてゆっくりするなら若い方がいい?転職もしやすい

 

仕事を辞めてゆっくりするなら、若いうちの方がおすすめです。

なぜなら、若い方が転職に有利だから。

 

実は、転職には『35歳の壁』があり、これは「35歳を過ぎると応募できる求人が一気に減る事象」のことを指しているんです。

ですから、仕事を辞めてゆっくりしたいと思うなら、若いうちに決断するのが得策と言えます!

 

仕事を辞めてゆっくりしたい時の注意点!気をつけるポイントとは?

退職後にゆっくりしたい!仕事辞めてゆっくりしたい時の選択肢とは?

 

いざ仕事を辞めてゆっくり過ごす時には、どんなことに注意すべきなのでしょうか。

ここからは、仕事を辞めてゆっくりする際に気をつけるべきポイントをご紹介していきます!

 

メリハリが大事?あらかじめ「ゆっくりする期間」を決めておく!

 

仕事を辞めてゆっくりする時は、あらかじめ「ゆっくりする期間」を決めておきましょう。

なぜなら、期間を決めないとズルズルと休んでしまい、いつまで経っても就職活動をはじめられない可能性が高いからです。

 

また、あまりに長い期間休んでしまうと、再就職時のマイナス要素になることも。

ゆっくりするために仕事を辞めたけれど、今度は働く場所が見つからない……なんてことになったら大変ですよね。

 

なので、「3ヵ月休んだら就職活動をはじめる」などと、明確に期間を決めておくのがおすすめ。

期間を決めておけば、その間は思う存分リフレッシュできるので、メリハリが失われることもありませんよ!

 

仕事を辞めても「生活のリズム」までは変えないこと!

 

仕事を辞めてゆっくりするときも、生活のリズムは変えないようにしましょう。

なぜなら、生活のリズムが変わったり、乱れたりすると、いざ就職活動をする時や就職した時に苦労するからです。

 

生活リズムの乱れとしてよくあるパターンが昼夜逆転。

仕事を辞めた開放感から、深夜までお酒を飲んでしまい、目が覚めたら昼だった……なんてこともあるでしょう。

 

このようなことを、「まぁ、1日くらいならいいか」などと油断して続けているうちに、負のループにはまってしまうのです。

一度、生活のリズムが狂ってしまうと元に戻すのは思った以上に大変。

 

いざ就職活動を始めても面接の時間に起きれなかったり、就職後も仕事に遅れてしまったりする可能性もあります。

仕事を辞めてゆっくりする時は「生活のリズムを変えない」ことを徹底したいものです!

 

お金のことを考える!ゆっくりしてる期間の生活費は大丈夫?

 

仕事を辞めてゆっくりする時に忘れてはならないのが、お金のこと。

退職すれば収入が途絶えるわけですから、ここはしっかり準備しておきたいところです。

 

お金について考えるときは、『ゆっくりする期間とその間に最低限必要な金額』から考えてみるのがおすすめ。

例えば、休む期間が3ヵ月、月の生活費が25万だとすると、3ヵ月×25万=75万円なので、最低75万円の蓄えが必要です。

 

しかし、「こんなに蓄えがない!」という人もいますよね。

そんな時は、固定費を見直したり、普段使っている日用品を安いものに変えたりして、生活費を抑えてみると良いでしょう。

 

また、退職金や失業手当について調べておくのもおすすめ。

退職後、どのくらいのお金がもらえるのかを把握しておけば、貯めておくべき金額を可視化できます。

 

備えあれば憂いなしという言葉があるように、仕事を辞めてゆっくりする時はお金について考えておくことが大切です。

お金の不安がなくなれば、安心してリフレッシュできるでしょう!

 

仕事を辞めてゆっくりしたい時の対処法!退職後の選択肢とは?

退職後にゆっくりしたい!仕事辞めてゆっくりしたい時の選択肢とは?

 

仕事を辞めてゆっくりする時の過ごし方について、なんとなくイメージできた方も多いはず。

しかし、実際に仕事を辞めたあと、どんな選択肢があるかがわからない方もいるのではないでしょうか。

 

ここがよくわからないと、「仕事を辞めてゆっくりしよう!」と思いきれないですよね。

なのでここからは、仕事を辞めたあとの選択肢についてお伝えしていきます!

 

また、仕事を辞めたあとゆっくりするために、今から始められる副業もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

 

転職エージェントに相談したり、転職に有利な資格を取得する!

 

仕事を辞めたあとは転職エージェントに相談したり、転職に有利な資格を取得したりするのがおすすめです。

転職エージェントに相談すると以下のようなメリットがあります。

 

  • 休養中も仕事をする意欲が失われない
  • 自分自身の市場価値が知れる
  • どんな求人に需要があるかわかる
  • 転職の相談や面接対策などのサポートが受けられる

 

自力で就職活動を行うのは思ったより大変ですし、サボらず続ける強い意志も必要なんです。

たった一人で行うと挫折しがちな転職活動ですが、転職エージェントの力を借りれば、モチベーションを保ちながら活動できます。

 

また、転職エージェントは、転職に有利になる資格も教えてくれるんです。

資格を取得できれば自信を得られますし、転職もしやすくなるので、サクッと転職エージェントの力を借りるのがおすすめです!

 

副業でブログを始める!ネットで別の収入源を作ることも可能!

 

「仕事を辞めたいけれど、なかなか決断できない。」

そんな時はいきなり辞めることはせず、副業で別の収入源を作るのも選択肢の一つです。

 

もし副業をするなら、インターネットを利用した副業が良いでしょう。

なかでも特にオススメなのが、ブログです。

 

ブログはインターネット環境とパソコンがあれば、誰でも今すぐ始められます。

さらに、軌道に乗れば、半永久的に自動でお金を稼ぎ続けられたり、本業の収入を超える額を稼げたりするんです。

 

 

これだけの額が稼げるようになったら、嬉しいですよね。

本業と別の収入源ができれば、「仕事を辞めたいけど、お金の不安があるから辞められない」と悩む必要がなくなるでしょう!

 

まとめ

退職後にゆっくりしたい!仕事辞めてゆっくりしたい時の選択肢とは?

 

今回は『仕事をやめてゆっくりするのはアリなのか』や『仕事を辞めてゆっくり過ごす際の注意点』について解説しました。

結論、仕事をやめてゆっくりするのは「アリ」です。

 

仕事を辞めてゆっくりすれば心身ともに回復できますし、働き方を見直すチャンスにもなり得ます。

休養期間を上手く使えば、その後の転職が有利に進んだり、自分自身で会社に依存しない収入減を作ったりできるでしょう。

 

このように、仕事を辞めてゆっくりするのは悪いことではありません。

選択肢の一つとして、「仕事を辞めてゆっくりすること」を検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。