仕事を辞めるべきかどうかの判断基準!チェック項目と後悔しない秘訣を紹介

仕事を辞めるべきかをチェック!仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?

 

「仕事を辞めるべきかチェックしたい! 辞めるべきかどうかの判断基準ってどんなものがあるのかな? 」

 

給料や人間関係など、さまざまな理由で仕事を辞めたいと思うこともありますよね。

ですが、本当に今辞めるべきなのかを判断するのが難しく、いろいろ考えた結果退職を躊躇してしまう人が大半でしょう。

 

  • 仕事を辞めるべきかチェックするには何を確認すればいいのか?
  • 仕事を辞めるかどうかの判断基準とは?
  • 仕事を辞めるべきだと分かったらどんなことをすればいいのか?

など、仕事を辞めるべきかどうかを判断するために知りたいことも多いはず。

 

そこで今回は、『仕事を辞めるべきかのチェック項目』『仕事を辞めるべきかどうかの後悔しない見極め方』をご紹介していきます!

退職を検討している人に向けて、働き方の見直し方法についても取り上げていきます!

 

仕事を辞めるべきかのチェック項目をご紹介!直感で判断してみよう!

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準!チェック項目と後悔しない秘訣を紹介

 

仕事を辞めるべきかどうかは、何を見て判断すれば良いのでしょうか?

結論からいうと、以下のチェック項目に当てはまる職場なら、仕事を辞めるべきである可能性が高いといえます。

 

  • 給料やボーナスに不満がある
  • 残業が当たり前で帰りたくても帰れない雰囲気がある
  • 上司や同僚など職場の人間関係がストレスを感じる
  • 出勤前や帰宅後に辛くて泣きたくなることがある
  • 仕事や業務内容にやりがいがないと感じることがある

 

それぞれの項目について以下で詳しく取り上げていくので、今の仕事に当てはまるかどうかよく思い返してみてください!

 

チェック項目①:給料やボーナスに不満がある

 

仕事を辞めるべきかどうか迷っているなら、給料やボーナスに不満があるかチェックしてみてください。

なぜなら、収入が低いと、働くモチベーションが落ちやすいから。

 

たとえば、仕事でものすごい成果を出したのに、給料やボーナスが少なかったケースを考えてみると分かりやすいでしょう。

このような場合は収入が頑張りに見合わないと感じ、努力する気がなくなるはず。

 

そうすると、仕事の質や人事評価が下がり、いっそうモチベーションが低下するという負の連鎖に陥ってしまいます。

だからこそ、自身が納得のいく給料やボーナスをもらえているかは非常に重要なんですね!

 

チェック項目②:残業が当たり前で帰りたくても帰れない雰囲気がある

 

仕事を辞めるべきか見極めたい場合、残業が当たり前で帰りたくても帰れない雰囲気があるかどうかは重要な指標です。

残業が多い会社に勤めていると、まず単純に仕事で疲れるというデメリットがあります。

 

毎日長時間の労働を続けていると体を壊しやすくなるので、健康に悪影響を及ぼす可能性が高いといえるでしょう。

また、帰れない・業務が終わらないとストレスが生じるので、精神的にも良くありません。

 

このように、残業が当たり前の激務を行っていると、心身ともに消耗してしまうと考えられます。

こうした労働環境に絶望しているなら、仕事を辞めるべきだといえるでしょう!

 

チェック項目③:上司や同僚など職場の人間関係がストレスを感じる

 

上司や同僚など職場の人間関係が原因でストレスを感じるなら、仕事を辞めるべきである可能性が高いといえます。

今は大丈夫でも、ストレスが蓄積されていくうちにいずれ辞めたくなってしまうでしょう。

 

とくに上司との人間関係がうまくいっていないなら、辞めたほうが良いケースが多いと考えられます。

なぜなら、上司には立場的に自分の意見を伝えづらいので、ストレスが溜まりやすいから。

 

仕事を辞めた場合は苦手な人と会う必要がなくなるので、現状と比べて人間関係を好転させられる可能性があります。

なので、現在耐えがたいストレスを感じているなら、退職するのも効果的です!

 

チェック項目④:出勤前や帰宅後に辛くて泣きたくなることがある

 

出勤前や帰宅後に辛くて泣きたくなることがよくあるなら、仕事を辞めるべきでしょう。

なぜなら、以前の元気な状態と比べて涙もろくなるのは、ストレスが溜まっている証拠といえるから。

 

実はうつの初期症状として、少しのことで泣いてしまうという異変が見られることも。

つまり、仕事の前後で涙もろくなっている人は、会社で消耗してうつ気味になっている可能性があるんですね。

 

なので、こうした状況を放置した場合、最終的に精神を病んでしまうリスクがあります。

以上のように、涙という自分の心身からのサインを無視してしまうと、転職どころか日常生活を送るのも難しくなりかねません。

 

自分を守るためには、働くのが辛い職場からは距離を置いたほうが安全です!

 

チェック項目⑤:仕事や業務内容にやりがいがないと感じることがある

 

仕事や業務内容にやりがいがないと感じる場合、仕事を辞めるべきケースに該当する可能性があります。

やりがいが見いだせないまま働き続けると、モチベーションは日に日に下がっていくはず。

 

そうすると、きちんとこなせるはずの仕事でミスをしたり、期待する成果を挙げられなかったりするケースが増えてしまいます。

その結果、さらにやる気を失うことになり、結局仕事を辞めてしまう可能性が高いです。

 

このように、やりがいを感じない状態で無理やり仕事を続けたところで、自分のためにも会社のためにもなりません。

まともに業務をこなせないようなら、退職も検討してみると良いでしょう。

 

ただし、ちょっと仕事がつまらないだけで辞めると後々苦労しがちなので、その場合はよく考えてから行動するのがおすすめです!

 

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは?後悔しない見極め方を解説!

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準!チェック項目と後悔しない秘訣を紹介

 

仕事を辞めるべきかのチェック項目を確認してみた結果、当てはまるものが多かった人もいるでしょう。

だからといって、何も考えずにすぐ辞めると後悔する可能性があるので要注意です。

 

というわけでここからは、判断基準について深掘りしつつ、仕事を辞めるべきかどうかの後悔しない見極め方をご紹介していきます!

 

自分のコントロールできる範囲で改善できるかどうか?

 

仕事を辞めるべきだと判断した場合、自分のコントロールできる範囲で辞めたい原因を改善できるかどうか考えてみてください。

たとえば、辞めたい理由が「仕事にやりがいがないから」だったとします。

 

ほかにあまり嫌な点がない場合、上司に頼んで配置転換をしてもらえるなら、わざわざ転職しなくても済む可能性がありますよね。

逆に、労働時間や職場の環境など、自分一人で変えるのが難しいケースもあるでしょう。

 

そうした場合、よほどの事情がない限り、会社を離れたほうが自分にとってプラスになりやすいはず。

このように、自分の手で対処できるかどうかは、退職の判断基準として適しています!

 

働き続けることのメリットとデメリットを比較して許容できるか?

 

働き続けることのメリットとデメリットを比較してみて、今の状態を許容できそうか振り返ってみるのもおすすめです。

もし許容できないと分かった場合は、退職を検討してみると良いでしょう。

 

例を挙げると、退職せずに現職のまま働き続けるメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

 

  • これまで通り給料・ボーナスをもらえる
  • 面倒な転職活動をしなくて良い

 

反対に、働き続けた場合のデメリットとしては、次のようなものが代表的です。

 

  • 苦手な上司・同僚と付き合い続けなければならない
  • 残業時間をはじめとする労働条件は改善しない

 

このように、一長一短あるので、一概にどちらの選択肢が良いとは言い切れません。

したがって、仕事を辞めたほうが自分にとってプラスになるのかどうかは、退職に踏み切る前に確認しておくのが無難です!

 

これからの時代に役立つ専門性やスキルが身につくかどうか?

 

これからの時代に役立つ専門性やスキルが身に付くかどうかも、退職を検討するうえで重要なポイントです。

今がつらくても将来的に大成功を収められるなら、焦って辞める必要はないですからね。

 

たとえば、以下のようなジャンルの専門性・スキルが身に付くなら、仕事を続ける価値があると考えて良いでしょう。

 

  • IT系(プログラミング等)
  • 語学系
  • 広告・マーケティング系
  • セルフマネジメント
  • コミュニケーション

 

これらを備えていると、転職市場における自分の評価が上がったり、独立・起業するときに活用できたりします。

なので、体力的・精神的に余裕がない場合を除き、もう少し続けてみるのもおすすめです!

 

仕事を辞めるべきかのチェック項目に該当したら?働き方を見直そう!

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準!チェック項目と後悔しない秘訣を紹介

 

無理をしない!仕事を辞めたいなら転職か退職を検討してOK!

 

入念にチェックした結果、やはり仕事を辞めるべきだと判断したなら、無理をしないのが重要です。

なので、今以上に自分が傷つく前に、転職や退職を検討してOK。

 

その場合はもう出世のために頑張る必要がないので、最低限の業務だけこなして、自分を守るのに専念してみてください!

とはいえ、仕事を辞めると収入がいきなりゼロになるので、不安な人もいるはず。

 

なので、もし再就職を前向きに考えられる状態なら、できる限り在職中に転職先を見つけておくのがおすすめです。

ただし、心身ともに限界が来ている場合は、次を決めずに即退職したほうが良いでしょう!

 

仕事を辞めたいけどお金がないなら副業でブログを始めてみよう!

 

仕事を辞めたいけどお金がない場合、退職前に副業をはじめてみるのもおすすめです。

とくに初期費用があまりかからないビジネスである「ブログ」は、お金がない人でも始めやすいのでぴったりでしょう。

 

たとえば副業の中には、自分で商品となるモノを作って売るビジネスもあります。

その場合はどうしても材料費・送料などがかかるため、金銭的に余裕がある人や稼げる確信がある人以外は取り組みづらいでしょう。


ですが、ブログをはじめるのに必要な費用は、基本的にサーバー代やツール代のみ。

かかってもせいぜい年間数万円程度なので、ほかの副業と比べて出費が少ないといえるんですね。

 

さらに、ブログは月100万円以上稼ぐ人がいるほど大きく稼げるメリットもあります。

リスクを抑えつつ大金を稼げる可能性があるので、金銭的な不安を解消したいならブログが適しているでしょう!

 

まとめ

仕事を辞めるべきかどうかの判断基準!チェック項目と後悔しない秘訣を紹介

 

今回は、仕事を辞めるべきかのチェック項目、そして仕事を辞めるべきかどうかの後悔しない見極め方をご紹介しました。

退職したいとは思うものの、本当に今仕事を辞めるべきか悩んでいる人は多いはず。

 

その場合、もし収入・労働環境に不満があったり、出勤前や帰宅後に涙が出るほどストレスを感じていたりするなら要注意です。

最悪の場合はうつになりかねないので、真剣に退職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、こうした兆候が見られている状況でも、すべてのケースで仕事を辞めるべきとまではいえません。

そこで今回は、仕事を辞めるべきかどうかの見極め方についても取り上げました。

 

退職に向けて動いている人はこちらを参考にして、辞めても後悔しないことを確かめておくのがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。