エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

 

「エッセンシャル思考って本当に危険なのかな?デメリットや活用のコツがあれば知りたい!」

 

最小限の行動で最大の結果を生み出すとされる「エッセンシャル思考」。

一見効率がよい思考法に見えますが、「エッセンシャル思考は危険」という声もあるので、その理由が気になる人もいるでしょう。

 

  • エッセンシャル思考が危険だと言われている理由は?
  • エッセンシャル思考のデメリットにはどんなものがある?
  • エッセンシャル思考を活用するコツはあるのか?

など、エッセンシャル思考について把握しておきたいことも多いはず。

 

そこで今回は「エッセンシャル思考が危険な理由」をご紹介しつつ、「デメリットや活用のコツ」について解説していきます。

 

エッセンシャル思考が危険な理由!エッセンシャル思考のデメリット

エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

 

ムダなものを削ぎ落とし、自分のやるべきことに集中する「エッセンシャル思考」ですが、がなぜ危険だと言われているのでしょうか。

またこうした思考に潜むデメリットも知りたいところ。

 

そこでここでは「エッセンシャル思考が危険な理由」と「エッセンシャル思考のデメリット」について解説します!

 

エッセンシャル思考は、物事を始めたばかりの初心者には危険!

 

エッセンシャル思考は、「初心者」が取り入れると危険だと言われています。

なぜなら、まだ物事の本質を捉えられていない初心者が、安易にエッセンシャル思考を取り入れると成果が得にくいから。

 

最大の結果を得るための本質は、ある程度行動を継続しないと見えてきません。

どんな物事も「どうやったらうまくいくか」は、しばらく行動を続けて、さまざまなことを経験するからこそわかるものですよね。

 

たとえば野球初心者が、ホームランの打ち方の本を読むだけで、打てるようにならないのと同じです。

ホームランどころか、まともにボールをバットに当てることもできないでしょう。

 

練習を積んで、どのようにボールを打つのか、フォームは合っているかなど経験するからこそ、好成績を残せるんです。

得たい結果があるなら、まずは行動して経験を積むことが大切ですよ。

 

なので、大した経験値もない初心者の状態から効率化を図ろうと、安易にエッセンシャル思考を取り入れないようにしましょう。

 

エッセンシャル思考は、大人数の組織においては軋轢を生む危険も!

 

大人数の組織にいる人は、エッセンシャル思考で行動すると、周りとの関係が悪くなる危険性もあるんです。

会社に勤めている大半の人は「組織」の中で生きています。

 

エッセンシャル思考がいくら効率的でも、他の人の意見を無視したり、自分だけが良いという行動を取ったりすれば人はついてきません。

大人数で何かひとつのことを成し遂げようとする時は「チームワーク」が大切です。

 

確かに最小限の行動で最大の結果が得られるのは素晴らしいことですが、チームワークを乱すとかえって望ましくない結末に。

だからといって、自分が正しいと思う思考を用いること自体が危険なのではありません。

 

要は、自分以外の人とバランスをとりながら円滑に物事を進めていくことも、視野に入れなければならないんです。

結果ばかりを追い求めることで、関係が悪くならないよう周りにも配慮していきましょう。

 

エッセンシャル思考を、楽したい目的で使いやすくなるので危険!

 

なんでもエッセンシャル思考ばかりで見極めていくと、楽をしたい目的で使いやすくなる危険性も。

人間は楽な方へ流れていくクセを持っています。

 

確かに決めたことのみに集中すれば、目的は達成しやすくなるので、ムダなことはやらないのも大切です。

ですがムダを省くことと、面倒を避けることでは意味が違います。

 

前述したとおり、行動し経験を積む過程で困難に立ち向かう勇気や、壁を乗り越える粘り強さなどが鍛えられるんですね。

こうした経験は、効率だけを追い求めていては決して手に入らないもの。

 

エッセンシャル思考を意識して、目的を達成するための行動を取ることは大事ですが、「面倒」だという気持ちが少しでもあるなら見直していきましょう。

最大の結果を得るどころか、ただの怠惰になってしまうからです。

 

本来のエッセンシャル思考をはき違えて、楽な行動ばかりとっていては、最大の結果は得られないことを覚えておきましょう。

 

エッセンシャル思考とは?メリットを正しく活かせば危険じゃない!

エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

 

ここまででエッセンシャル思考が危険だと言われるデメリットを解説しました。

一方でエッセンシャル思考にはメリットもあるので、正しく活用できれば危険ではないんですね。

 

そこでここではエッセンシャル思考のメリットを3つ紹介していきます。

 

エッセンシャル思考とは、最小の努力で最大の結果を得る思考術?

 

冒頭でもお伝えしたとおり、エッセンシャル思考とは「最小の努力で最大の結果を得る」思考術のことです。

達成したい目的に対して「すること」「しないこと」を自分で決めていきます。

 

特に社会人は、エッセンシャル思考を取り入れることでやるべき仕事が明確になり、組織の中で自分の役割を見つめ直すきっかけにもなるんです。

とはいえ会社内では、自分の仕事だけに集中できないこともありますよね。

 

仲間を思うあまり、つい引き受けた仕事のせいで自分が本来やるべき仕事を終えられなくなり、結果として残業することもあるでしょう。

こういった時に、エッセンシャル思考を活用できればやり方を変えられる可能性も。

 

エッセンシャル思考は、より多くの仕事をこなして結果を得るのではなく、やり方を変えたり削ったりしてムダを省いていきます。

なかなか思うような結果が出なければ、ぜひ取り入れてみましょう。

 

エッセンシャル思考とは、人間関係のストレスからも解放される?

 

エッセンシャル思考を用いると、人間関係のストレスからも解放されます。

自分がやるべきことを決めているので、その行動を取るためにはどうしても人の誘いやお願いを断らなければなりません。

 

たとえば飲み会に誘われて断りきれず、つい参加してしまうこともあるでしょう。

上司や同僚から声がかかれば、断るのも気まずいし、せっかくだからという理由で周りの雰囲気に流されてしまいがちです。

 

しかし、本当は早く帰ってやりたいことがある人もいますよね。

こうした場合に、エッセンシャル思考のもと参加しなければ、望まない人たちと関わらずに済むので、人間関係のストレスがなくなるんです。

 

ただここで心配なのが、断ることで周りと折り合いが悪くなってしまうこと。

そこは「習い事を始めた」「家事を手伝う」など理由をつけて断ると相手も気を悪くしなくて済むでしょう。

 

エッセンシャル思考とは、時間を取り戻せて人生を充実させられる?

 

以上のようにエッセンシャル思考で行動すると、会社での時間の使い方が変わります。

そうすると必然的に自分のために使える時間が増えるので、やりたかったことができるようになり、人生を充実させられるんです。

 

どんなに頑張っても、1日に使える時間には限りがあります。

そのなかで手当たり次第やることをこなしていっては、本当に大切なことに時間が割けなくなりますよね。

 

しかしエッセンシャル思考を活用すれば、やらなくていいことは排除することが可能に。

そうすれば結果的に自分がやりたいことに使える時間が取り戻せて、生活の向上にもつながります。

 

仕事以外の趣味や遊びも人生の幸福には欠かせません。

また睡眠も脳の機能を高めるために必要な時間なので、エッセンシャル思考を活用してより充実した人生を送っていきましょう。

 

エッセンシャル思考の危険を回避!仕事や家事に活かすコツとは?

エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

 

ここまででエッセンシャル思考のメリットを活用すれば、危険性を回避できることがわかりましたね。

続いては、エッセンシャル思考を仕事や家事に活かすコツをお伝えしていきます!

 

忙しくて考える余裕がない?じっくりと考える時間を作ることから!

 

エッセンシャル思考が有効的に使えるのはわかったものの、「忙しくて考える余裕がない」という人もいるでしょう。

しかしそういう人にこそ、じっくり考える時間が必要なんです。

 

以下に忙しくなっている原因や本質を見極め、自分が望む結果を得るために「考える時間を作るべき人」の特徴をまとめました。

 

  • やることが多すぎていつも終わらない
  • 他人に振り回されることが多い
  • 残業を減らしたい
  • 頑張っているのに成果が出ない

 

このような状態であれば、エッセンシャル思考を活用して、ムダを省いていく必要があります。

そのためにまず、集中して考えられる自分だけの時間を作ることから始めましょう。

 

それでも時間の捻出が難しいという人は、「入浴」「トイレ」など1人になれる時間を有効活用する方法もありますよ。

この時間は、ホッと息抜きできるので考え事をするのにおすすめです。

 

常に「何が成果に直結するのか?」を考え続けよう!

 

じっくり考える時間が作れたら常に「何が成果に直結するのか?」という視点で考え続けてみましょう。

そのためには、自分にとっての「最大の成果とは何か」を決める必要があります。

 

自分が得たい成果が決まったら、やっていることが本当に成果につながる行動なのかをチェックしていくだけ。

こうなると「全部必要だからやってるんだけどな」という声も聞こえてきそうです。

 

ですが、改めて行動を振り返ってみると「成果に結びつく」ものばかりではないことに気づくでしょう。

大切なのは、あくまで「得たい成果に対して」必要な行動なのかどうかです。

 

すぐに行動することも大切ですが、自分が望む結果が得られなければ、努力がムダに終わる可能性もあります。

仕事も家事もやることは多いものの、この視点で行動を見極めていけば大丈夫。

 

そしてこの考え方が習慣になれば、不必要な行動を取ることがなくなり、結果的に最小限の行動で欲しい成果が手に入るでしょう。

 

まとめ

エッセンシャル思考って危険なの?デメリットと活用のコツを解説!

 

今回は「エッセンシャル思考は本当に危険なのか」について解説しました。

エッセンシャル思考は、「最小の努力で最大の結果を得る思考術」なので、正しく活用できれば危険ではありません。

 

ただし物事に取り組み始めたばかりの初心者は、問題点がわかりづらいので注意が必要です。

また協調性がないと思われることからトラブルが起きやすく、楽をすることが目的になりがちなデメリットもあります。

 

一方でエッセンシャル思考の活用次第で、人生の充実度がグンと増すメリットも。

忙しいと感じる時こそ、じっくり考える時間をとって、成果に直結する行動をとっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。