正社員に向いてない?正社員に向いていない人はどうすればいいの?

正社員に向いてない?正社員に向いてない人はどうすればいいの?

 

「もしかして自分って正社員に向いてない?もしそうだとしたら、どうすればいいのか知りたい!」

 

毎月安定した収入が得られて福利厚生も整っている「正社員」という働き方。

ですが、「会社のルールに縛られたくない」「自分のペースで働きたい」など、正社員としての働き方に不満を持っている人もいるでしょう。

 

  • 正社員に向いてない人はどうすればいい?
  • 正社員に向いてない人の特徴は?
  • 会社員以外の生き方は?

など、把握しておきたいことも多いはず。

 

そこでこの記事では、『正社員に向いてない人はどうすればいいのか』や『正社員に向いてない人の特徴』を解説していきます。

また、『会社員以外の生き方』についても紹介するので、ぜひ参考にしてください!

 

正社員に向いてない人は多い?無理して正社員を続けなくていい理由!

正社員に向いてない?正社員に向いていない人はどうすればいいの?

 

結論から言うと、正社員に向いてない人は多いと言えます。

中には、世間体などを気にして無理に正社員を続けようとする人もいますが、そんなことはしなくてもいいんです。

 

なぜなら、正社員じゃなくても働く手段はいろいろあるから。

ここでは、正社員以外で働く人が多い事実や、無理をして正社員を続けなくてもいい理由について解説していきます!

 

正社員を辞めてフリーランスや起業家として生きてる人は多い!

 

「正社員じゃないと生活していけない!」と思われる人もいるかと思いますが、実際はそんなことはありません。

現代では正社員を辞めてフリーランスや起業家として独立する人が多いんです。

 

フリーランスや起業家として独立することで、以下のようなメリットが得られることが、その大きな要因と言えます。

 

自由度が高い

 

フリーランスや起業家は、正社員と比べて働く環境の自由度が高いです。

会社員の場合、毎朝電車で通勤して職場まで通う人が多いでしょう。

 

リモートワークの人もいますが、正社員だと基本的には決まった時間に働かなければいけませんよね。

しかし独立すれば、好きな場所で好きな時間に仕事ができます。

 

時間に縛られたり、通勤のストレスに悩まされたりすることはなくなるでしょう。

 

収入が上がりやすい

 

フリーランスや起業家として独立すると、収入が上がりやすいというメリットもあります。

会社員と異なり、利益を出した分だけ自分の収入が上がるんです。

 

会社員の場合、収入を上げるには会社内の評価や昇給のタイミングなどを意識する必要がありますよね。

しかし、フリーランスや起業家として独立すれば、自分の能力に応じて収入が上がります。

 

自分の得意なことを活かして仕事をすれば、大きく収入アップすることも可能です。

 

会社勤め=安定な時代は終わり?倒産・リストラする会社が増えた!

 

現代では、「会社勤め=安定な時代」は終わりました。

昔よりも環境が変化しやすい時代になり、企業が終身雇用を守ることが難しくなってきたんです。

 

倒産する会社はかなり増えており、富士通やNEC、ソニー、東京電力など、名だたる大手企業でもリストラが行われているのが現状です。

仮に経営がどんなに好調だとしても、急に売り上げが下がることもあります。

 

また、コロナ渦のような不況が今後いつ訪れるのかは、誰にも予測できませんよね。

そのため、会社勤めは決して安定しているとはいえないんです。

 

この状況も、無理をして正社員を続けなくてもいい理由の一つと言えるでしょう。

 

正社員に向いてないなら無理しない!個人でも生き抜く力が大切?

 

正社員に向いてないのなら無理して勤める必要はありません。

正社員じゃなくても、フリーランスや起業家として独立して、自分に合った働き方ができるんです。

 

ただ、独立して生きていくためには「個人でも生き抜く力」が重要になってきます。

「個人でも生き抜く力」として、特に重要なものを2つ紹介します。

 

営業力

 

個人でも生き抜いていくには、「営業力」が必要です。

独立してからは、自分から営業をかけていかないと仕事が入ってきません。

 

仕事を手に入れるためには、自分を売り込むことが大切です。そのためには、営業力が必須となります。

仮に、自分に能力があったとしても、それを相手に伝えられなければ意味がありませんよね。

 

相手に自分の魅力を伝え、自分のことを知ってもらうことが個人で生き抜くための秘訣です。

 

スケジュール管理能力

 

フリーランスや起業家のメリットは、誰にも邪魔されず自分の好きなタイミングで仕事ができることです。

しかし、引き受けた仕事はすべて自分で管理しなければいけません。

 

なので、どの仕事をどのような順序で行うのかを決めるスケジュール管理能力が必要となります。

 

正社員に向いてない人の特徴とは?本当に向いていないのか考え

正社員に向いてない?正社員に向いていない人はどうすればいいの?

 

ここでは、正社員に向いてない人の特徴を3つ解説していきます。

それぞれ見ていきましょう!

 

正社員に向いてない人は自分のペースで働きたい

 

正社員に向いてない人の特徴の一つ目が「自分のペースで働きたい」と思っていることです。

正社員として努めると、基本的に時間に縛られながら働くことになります。

 

出勤時間や退勤時間など、会社がすべて定めており、その時間通りに行動する必要があるんです。

会社に合わせる必要があるため、「自分のペースで仕事ができないのが嫌な人」は正社員に向いていないといえます。

 

正社員に向いてない人は組織のルールに縛られるのが苦手

 

正社員に向いてない人の特徴の二つ目が、「組織のルールに縛られるのが苦手」ということです。

正社員で働く場合、常にルールや人間関係に縛られ続けることになります。

 

よほど上の立場でなければ、上司からの指示は絶対に聞かなくてはなりません。

それが嫌な人は正社員に向いてないといえるでしょう。

 

正社員に向いてない人はすでに叶えたい夢や大きな目標がある

 

正社員に向いてない人の特徴の三つ目が、「すでに叶えたい夢や大きな目標がある」ことです。

叶えたい夢や大きな目標がある場合、勤めている会社に「その夢や目標が叶えられる環境」が整ってないのであれば、会社にいる意味はありません。

 

会社は利益を出すことを目的にしているため、個人の夢や目標の達成を手伝ってくれないところがほとんどです。

夢や目標がある人の場合、正社員を「経験のため」と割り切って仕事をしているのであれば問題ないでしょう。

 

しかし、夢や目標があるのにも関わらず「ひたすら生活のためだけに働いている人」は、正社員に向いているとはいえません。

 

正社員に向いてない人におすすめ!会社員以外の生き方もご紹介

正社員に向いてない?正社員に向いていない人はどうすればいいの?

 

ここでは、正社員に向いてない人におすすめの会社員以外の生き方を紹介していきます。

さっそく、確認していきましょう!

 

職場を変えてみる!正社員に向いてないのは働く環境が原因?

 

正社員に向いてないと思ったら、まずは職場を変えてみることをおすすめします。

正社員に向いてないというよりも、単純に今の職種や環境が自分に合っていないだけかもしれません。

 

職場を変えてみて、自分はどんな仕事でどんな環境だと働きやすいのかを探ってみましょう。

 

フリーランスになる!正社員じゃなくても自由な働き方ができる

 

正社員に向いていない方はフリーランスになることをおすすめします。

フリーランスは、個人で仕事を請けて報酬を得る働き方です。

 

会社に属さないため、正社員に比べて働き方の自由度が高くなります。

仕事内容や働く環境など、自分に合わせて働き方を決められるのも魅力の一つです。

 

複数の企業に自分の得意分野を活かして携わったり、働く時間を好きな時間にカスタマイズしたりと、自由な働き方ができます。

 

副業から始めてみる!正社員に向いてなくても稼ぐことができる

 

正社員に向いていないといっても、いきなり仕事を辞めるのは難しい人もいるでしょう。

その場合は、「副業から始めてみる」ことをおすすめします。

 

副業であれば、正社員として仕事しながらでもお金を稼げるんです。

副業の収入が安定すれば、正社員も安心して辞められるでしょう。

 

以下、おすすめの2つの副業を紹介します。ぜひ、参考にしてください!

 

記事ライティング

 

記事ライティングとは、Webサイトに掲載するブログ記事を作成する仕事です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを活用すれば、スキルや経験がない人でも仕事を獲得できます。

 

クライアントと相談して、特定のテーマや内容に関する情報を集めて記事を作成するのが基本的な流れです。

初心者の場合、最初は報酬が低いですが、少しずつ実績を積んでいけば報酬アップの交渉も可能です。

 

せどり

 

せどりとは、自分で購入した商品を購入額よりも高く販売して、その差額で利益を得るビジネスです。

せどりというと、商品を仕入れるために「お店に足を運ばなければならないイメージ」を持っている人もいるでしょう。

 

しかし、現在では数多くのインターネット通販サイトがあるので、自宅に居ながらでも商品を仕入れられます。

しかし、せどりは「どのような商品に需要があるのか」をしっかり把握する必要があり、ある程度の経験が必要になります。

 

そのため、始めてからすぐに稼ぐことは難しいですが、経験を積めば月100万円以上稼ぐのも夢ではありません。

 

まとめ

正社員に向いてない?正社員に向いていない人はどうすればいいの?

 

この記事では、『正社員に向いてない人はどうすればいいのか』や『正社員に向いてない人の特徴』などについて解説しました。

正社員に向いてない人は無理して働き続ける必要はありません。

 

フリーランスや起業家として独立すれば、自分に合った自由な働き方ができます。

もし正社員を辞めるのが難しければ、副業から始めてみるのがおすすめです。

 

正社員で働きながら副業でお金を稼いで、収入が安定してきたら独立の準備をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。